コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチク

百科事典マイペディアの解説

ハチク

イネ科のタケ。北海道南西部以南の日本,中国,朝鮮半島にはえるが,日本のものは本来の野生かどうかははっきりしない。茎は直立し,高さ8〜15m,径3〜10cm,節の下側に白い蝋粉がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハチク【Phyllostachys nigra (Lodd.) Munro var.henonis (Bean) Stapf】

イネ科のやや大型のタケ。モウソウチクマダケとともに用途が広く,三大とされている(イラスト)。呉竹(くれたけ)の異名もある。稈(かん)の最大直径10cm,高さ15mぐらい。節の下側に白い蠟粉がつき,節の出張りが小さく,溝がやや深くて割れやすい。竹の皮に斑点がなく美しい。耐寒性がつよく,北海道伊達市に育っている。主産地は近畿,四国,九州で,中国大陸,朝鮮にも産する。中国名は淡竹。材はかたく細割りしやすいので,茶筅や菓子の容器つくりに重用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチク
はちく / 淡竹
[学]Phyllostachys nigra (Lodd.) Munro var. henonis (Bean) Stapf

イネ科のタケ・ササ類。高さ20メートル、径約10センチメートルに達する。節は2環があり、その点でマダケと同じであるが、マダケは稈(かん)面が濃緑色であるのに対し、ハチクは帯白色または灰緑色である。そのため淡竹(はちく)の名がついた。タケノコの皮は淡桃色で長い毛を散生し、マダケのような黒い斑紋(はんもん)はない。葉は披針(ひしん)形で長さ9~13センチメートル、幅約1.5センチメートル。肩毛(かたげ)(葉鞘(ようしょう)の上縁の毛)は、ほぼ直立する。古く中国から渡来し、北海道南部から沖縄で広く栽培される。稈は強く、とくに細割りがきくので、茶筅(ちゃせん)や提灯(ちょうちん)の骨の材料とする。母種クロチクは稈は初め緑色で、2~3年後に黒紫色に変わる。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハチクの言及

【竹細工】より

…飯塚琅玕斎(いいづかろうかんさい)(1890‐1958)や生野祥雲斎(しようのしよううんさい)(1904‐74)らは伝統の継承と現代的な展開を図った代表的竹工芸家である。
[素材と製法]
 日本に産する竹で通常利用されるものに,マダケ(真竹,苦竹(にがたけ)),メダケ(女竹),ネマガリダケ(根曲竹),モウソウチク(孟宗竹),ハチク(淡竹),ホテイチク(布袋竹,五三竹),シホウチク(四方竹),ゴマタケ(胡麻竹),クロチク(黒竹,紫竹(しちく),烏竹(うちく)),ヤダケ(矢竹),斑竹(はんちく),雲文竹(うんもんちく),煤竹(すすだけ)(苦竹,メダケなどの煤けたもの)などがある。 まず竹は丸竹物として,その素材のままの姿で利用される。…

※「ハチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハチクの関連キーワードクロチク(黒竹)ハチクイ(蜂喰)ハチクイモドキアンドンクラゲクラゲ(水母)竹の子・筍・笋アシナガクラゲビゼンクラゲハチポリプハチムシ類黒竹・烏竹アカクラゲチクルスクロチク淡竹草履備前水母ハチクイタケノコ逆さ竹雲紋竹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハチクの関連情報