コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッダ ハッダ Hadda

5件 の用語解説(ハッダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハッダ(Hadda)

アフガニスタン東部にある古代仏教寺院の遺跡。クシャン朝時代の仏塔・塑像(そぞう)が数多くあり、ガンダーラの美術様式として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハッダ

アフガニスタン東部,現在のジャララバードの南8kmの地にあるクシャーナ朝から8世紀の仏教遺跡。《大唐西域記》の醯羅(けいら)城に当たる。1923年からフランスの考古学者によって発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハッダ【Hadda】

アフガニスタン東部,ジャララバード南方約8kmにあり,2~7世紀のナガラハル国(那掲羅曷国,那竭国)の町醯羅(けいら)城のあったところ。その歴史は明らかでないが,玄奘によると,城中には如来の頭頂骨,髑髏骨,眼球をまつったストゥーパのある2階建ての高楼があり,その頂骨は特に名高く,多くの仏教徒の巡礼の目的地であり,ハッダの名もサンスクリットのhiḍḍa(髑髏)に由来したという。19世紀にイギリス人らが調査し,1923‐28年にフランス考古使節団のA.フーシェやJ.バルトゥーにより大寺院跡7が発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハッダ【Hadda】

アフガニスタン東部にある仏教遺跡。クシャン朝・グプタ朝時代に栄え、日干し煉瓦れんが造りの建築や仏像はヘレニズムの影響が強い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッダ
はっだ
Haa

アフガニスタン東部のジャララバード南方に位置する仏教寺院址(し)。クシャン朝の栄えた3世紀を中心とするものが多いが、8世紀代まで建造は続いていたらしい。玄奘(げんじょう)の『大唐西域記(だいとうさいいきき)』に那掲羅曷(ナガラハーラ)国(ジャララバード)の南界に醯羅(けいら)城があったとしているが、これがハッダにあたる。玄奘は、この城の中に二重楼閣があり、如来(にょらい)の頂骨を安置したストゥーパ(円塔)があることなどを記している。19世紀にイギリス人が調査をしているが、本格的な発掘は1920年代に入ってからのフランス隊によるもので、東洋学者フーシェらによるタパカラーン寺址、チャヒリ・グンディ寺址、ガール・ナオ寺址の調査がよく知られている。多くの寺院、ストゥーパ、スタッコ像(石膏塑像(せっこうそぞう))が発見されているが、ハッダにおけるストゥーパの編年は、ガンダーラ建築史の研究に大きな貢献をしている。[寺島孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッダの関連キーワードアフガニスタンムルタンアフガンアフガンハウンドアフガン侵攻ワハン回廊アフガニスタン戦争部族地域9・11とアフガニスタンイギリス・アフガニスタン戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハッダの関連情報