コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハツカネズミ ハツカネズミ Mus musculus; house mouse

4件 の用語解説(ハツカネズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハツカネズミ
ハツカネズミ
Mus musculus; house mouse

齧歯目ネズミ科。体長6~10cm,尾長5~10cmの小型のネズミで耳が大きい。体色は灰色,黒色であるが,白化種もある。野生のものは西アフリカ,旧ソ連南部などに分布するが,住家性のものはほとんど全世界の人家および農耕地にすみ,夏は屋外に,冬は屋内にいることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハツカネズミ

齧歯(げっし)目ネズミ科の哺乳(ほにゅう)類。体長6.5〜9.5cm,尾6〜10.5cm。体色は灰褐色,褐色,黒色など変化に富む。ほとんど世界中に分布。人家内や付近の農耕地にすみ,穀物,野菜,昆虫などを食べる。
→関連項目イエネズミコマネズミネズミ(鼠)マウス(動物)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ハツカネズミ

 →マウス

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハツカネズミ
はつかねずみ / 二十日鼠
mouse
[学]Mus musculus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科の動物。野生種はヨーロッパからアフリカ北部、アジアにかけて生息するが、現在では人間と共生して、世界中に広く分布する。頭胴長7~10センチメートル、尾長6~11センチメートル。体色は、野生種では上面が黄褐色、下面が白色であるが、家住性のものは灰褐色から暗褐色、黒色など多様で、下面は白色でない。上顎(じょうがく)門歯の先端後面にくぼみがある。日本では、夏は野外の畑や草原にすみ、冬は住居に侵入するが、都市部の高層建築には周年すむ。植物の種実や穀物を主食にするが、昆虫や貝などなんでも食べる。繁殖期は春と秋で、年に3~4回出産するが、餌(えさ)が豊富にあると周年繁殖可能になる。妊娠期間は20日で、1グラムほどの赤裸な子を4~6頭産む。子は生後5日目に開耳し、7日目に発毛、9日目に門歯が生え始め、11日目に開眼する。性成熟は、雄では生後1か月、雌では2か月ごろ。飼育下での寿命は2年半ぐらいである。
 本種の畜用品種には、愛玩(あいがん)用として中国産の野生ハツカネズミM. m. wagneriからすでに紀元前に作出されていた小形のナンキンネズミ、内耳の遺伝的な奇形でこまのように回転するコマネズミ(マイネズミ)、ヨーロッパハツカネズミM. m. domesticusから20世紀初頭に作出された実験用動物のマウスなどがある。日本では、江戸時代に愛玩用マウスの飼育が流行し、『珍翫鼠育艸(ちんがんそだてぐさ)』という飼育解説書が出版された(1787)ほどであった。[土屋公幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハツカネズミの関連キーワードダイコクネズミドブネズミ畑鼠ナンキンネズミスナネズミ(砂鼠)チンチラネズミトゲネズミ(棘鼠)ヒメネズミ(姫鼠)モリネズミ(森鼠)ヤチネズミ(谷地鼠)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハツカネズミの関連情報