ハトロン紙(読み)ハトロンシ

デジタル大辞泉の解説

ハトロン‐し【ハトロン紙】

《〈オランダ〉patroonpapier(薬莢(やっきょう)用の丈夫な紙)から》薄茶色の丈夫な西洋紙。包装紙や封筒用紙に使う。クラフト紙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハトロン紙【ハトロンし】

化学パルプを原料とし,片面に光沢を付けた褐色のクラフト紙。用途は軽包装用,封筒用紙など。語源は銃弾の薬莢に使われていたこの種の紙をドイツ語でpatronen Papierと称していたため。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハトロンし【ハトロン紙 patronen paper】

片面つや出しした褐色のクラフト紙。包装用紙のなかのロール紙に分類される。語源は明らかでないが,銃弾の薬きょうに使用していた紙がこの種の紙であり,ドイツ語でpatronen Papierと称していたことからハトロン紙またはパトロン紙と呼ぶようになった。紙寸法は約900mm×1200mmで,この判型をハトロン判という。封筒,軽包装に使用されたが,最近は消費が高級化してきて使用量が減少している。【臼田 誠人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハトロンし【ハトロン紙】

オランダ patroonpapier 薬莢やつきようを包む紙の意〕
片面つや出しのクラフト紙。封筒・包装紙などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハトロン紙
はとろんし
patron paper

おもにクラフトパルプを原料とする褐色片艶(かたつや)の紙。通常、ヤンキーマシンで抄造され、軽包装、封筒などに用いられる。パトロン紙ともいう。語源はドイツ語のPatronenpapier(薬莢(やっきょう)紙)といわれる。三尺×四尺(909ミリメートル×1212ミリメートル)に仕上げられ、第二次世界大戦前まで製造されていた。現在はほとんど製造されず、片艶クラフト紙、筋入りクラフト紙にとってかわられた。[御田昭雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ハトロン‐し【ハトロン紙】

〘名〙 (patronenpapier Patronenpapier から) 化学パルプを用いた褐色の丈夫な紙。包装や事務用封筒などに用いられる。ハトロン。クラフト紙。
※釜ケ崎(1933)〈武田麟太郎〉「褐色のハトロン紙の封筒が十枚ばかり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android