コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナウド ハナウド Heracleum mollendorffii

4件 の用語解説(ハナウドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナウド
ハナウド
Heracleum mollendorffii

セリ科の多年草で,関東地方以西および朝鮮半島,中国北部に分布する。川岸や藪陰に生える。茎は中空で太く,高さ 70~100cmになる。互生する葉は大きく,3出羽状複葉で基部は鞘となって茎を抱く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハナウド

セリ科の多年草。関東〜九州,東アジアの山野にはえる。茎は直立し,高さ1〜2mで中空。根出葉は5〜7枚の小葉よりなり,長い柄がある。茎葉は互生し,3〜5小葉。葉面には柔らかい毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハナウド【Heracleum lanatum Michx.ssp.moelendorffii (Hance) Hara】

川岸や山すそのやぶ陰に生えるセリ科の多年草(イラスト)。茎は太くて中空で,高さ1m内外になり,まばらに毛がある。根出葉は長い葉柄があり,大きくて5~7小葉がある。茎の葉は3~5小葉で,葉鞘(ようしよう)は広い鞘(さや)となる。5~6月ころ,大きい複散形花序を作り,5弁の白い花をつける。花序の周辺部にある花は,外側の花弁だけが大きくなり,2裂している。果実は広楕円形で長さ7~9mm,熟すと扁平な翼のある2分果に分かれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナウド
はなうど / 花独活
[学]Heracleum lanatum Michaux subsp. moellendortffii (Hance) Hara

セリ科の多年草。茎は高さ0.7~1メートル。葉は幅広い3~7枚の小葉からなる羽状複葉。葉柄の基部は鞘(さや)状に膨らむ。5~6月、大形の散形花序をつくり、白色花を開く。外側の花弁はより大形で、2裂するのが特徴である。果実は扁平(へんぺい)な広倒卵形で、広い翼がある。シシウド属に似るが、ハナウド属は果実の外面にみえる暗褐色の油管が果実の基部に達しない。山地の木陰に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、全体がウドに似ており、白色のよく目だつ花をつけることに由来する。基本種オオハナウドはより大形で、本州、北海道、および東シベリア、北アメリカなどに分布する。属名Heracleumは、ギリシア神ヘラクレスにちなむ。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナウドの関連キーワード姥百合白糸草燕万年青山芹沢芹野竹姫藪蘭藪人参藪蘭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナウドの関連情報