コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマダラカ ハマダラカ Anopheles

4件 の用語解説(ハマダラカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマダラカ
ハマダラカ
Anopheles

双翅目カ科ハマダラカ族ハマダラカ属に属する昆虫の総称。雌雄とも触鬚がとほぼ同長である点が形態上の特徴であるが,静止するとき頭部を低くし体を斜めに保つこと,多くの種は翅に斑紋をもつことなども特徴的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハマダラカ

アノフェレスとも。双翅(そうし)目カ科ハマダラカ属の昆虫の総称。熱帯地方に多く,日本にはシナハマダラカなど10種ほどがいる。翅に黒白の斑紋があり,吸血時に口吻(こうふん)と体が一直線になり皮膚面に対して一定の角度を保つ点で他のカ類から見分けられる。
→関連項目カ(蚊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハマダラカ

双翅目カ科ハマダラカ亜科Anophelinae約400種,またはその中のハマダラカ属Anopheles約380種の昆虫の総称。後者はアノフェレスとも呼ばれる。多くが翅に斑紋をもつためこの名がある。成虫は尾端をつき上げて止まり,幼虫は水面に平行に浮く特徴をもつ。本属のカだけが人のマラリア病原体に感受性をもち,とりわけ約50種が人吸血を好み飛来数も多く,強い媒介力をもつ重要種とされている。夜間に屋内に入り吸血をし,満腹すると壁に止まって休む習性が一般的であるため,屋内残留噴霧と称して残効力の強い殺虫剤をあらかじめ壁面にまいておく方法がマラリアとカの防除に著効を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマダラカ
はまだらか / 翅斑蚊
anopheline mosquito

昆虫綱双翅(そうし)目糸角(しかく)亜目カ科に属するハマダラカ属Anophelesのカの総称。はねに斑紋(はんもん)をもつのでこの名があり、属名を読んでアノフェレスともいう。マラリアを媒介するカを含む。小楯板(しょうじゅんばん)の後縁は半円月状、腹部には鱗片(りんぺん)をほとんど欠き、静止時に多くは尾端をあげて斜めに逆立ちした姿勢をとる。雌の小顎肢(しょうがくし)は口吻(こうふん)とほぼ同長。幼虫は呼吸管をもたず、水面に平行に位置して気管呼吸をする。卵は1対の浮嚢(ふのう)をもち、水面にばらばらに産卵される。5属300種以上知られている。このうち、日本にはハマダラカ亜属のシナハマダラカA. (Anopheles) sinensisなど9種と、タテンハマダラカ亜属のコガタハマダラカA. (Cellia) minimusなど2種を産する。シナハマダラカが日本でもっとも普通のハマダラカであり、小顎肢に4個の白輪をもち、腹部第7節の腹面に黒色鱗片群をもつ。成虫で越冬し、早春より出現し、大形の哺乳(ほにゅう)類、とくにウシやヒトなどから吸血する。幼虫は、水田、湿原、池沼、排水溝、水槽などに発生する。三日熱マラリアを媒介する。北海道から琉球(りゅうきゅう)諸島、中国、東南アジアに分布する。コガタハマダラカははねに4個以上の黒色斑点部をもつ小形のハマダラカで、脚(あし)に黄白色の斑点を欠く。東南アジアでは重要なマラリアを媒介するカで、熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリアを媒介する。八重山(やえやま)列島、宮古(みやこ)列島でのかつてのマラリア流行では本種が媒介の役を演じた。幼虫は渓流のよどみ、流水槽に発生し、成虫は土手の草むらに休息し、夜間家屋に侵入してヒトを吸血する。琉球諸島、東南アジア、ニューギニア島に分布する。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハマダラカの言及

【カ(蚊)】より

…双翅目カ科Culicidaeに属する約3000種の昆虫の総称。ハマダラカ亜科Anophelinae,ナミカ亜科Culicinae,オオカ亜科Toxorhynchitinaeの3群に大別される。この中でオオカ亜科のカはいずれも大型で(翅長7~9mmくらい),吸血の機能を欠き,幼虫は他のカの幼虫を捕食する性質をもつ。…

※「ハマダラカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマダラカの関連キーワードカ(蚊)シナハマダラカコガタハマダラカ羽斑蚊斑か翅斑蚊まだら節スカシマダラ(透斑)マダラメイガ亜科

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハマダラカの関連情報