ハラン(葉蘭)(読み)ハラン(英語表記)Aspidistra elatior; cast-iron plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラン(葉蘭)
ハラン
Aspidistra elatior; cast-iron plant

ユリ科の常緑の多年草。中国原産で,日本の暖地に観賞用および薬用として古くから栽培されている。長い地下茎をはわせ,長楕円形で長柄をもつ大きなを多数つける。葉質は革質で濃緑色。春に,根茎に接して径3~4cmほどの暗紫色で壺形の花を単生する。花被片は8枚。果実は球形の液果。葉は生け花に利用される。根茎は利尿,強心,強壮剤とされ,種子は結核肋膜炎解熱,咳止めなどの薬用。葉の斑 (ふ) のあり方などでオモトと同様に多くの園芸品があり,愛好家の収集の対象とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハラン(葉蘭)【ハラン】

中国原産のユリ科の常緑多年草。観葉植物として庭園に植えられ,生花用ともされる。地下をはう根茎のところどころから,長さ40cm,幅12cm内外の長楕円形で長い柄のある葉を立てる。春,筒状釣鐘形で紫褐色を帯びた,やや肉質の花を1本の花柄に1個,地表すれすれにつける。葉に縞斑(しまふ)や星斑,あるいはぼかし斑などの斑入(ふいり)品種もある。葉は料理の敷物にも使われ,果実と根茎は薬用にされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハラン【ハラン(葉蘭) cast‐iron plant】

ユリ科ハラン属の常緑多年草(イラスト)。中国の中南部原産で古い時代に渡来したとされるが,九州の黒島(鹿児島県)にも自生があるという。日陰でよく育ち,周年,葉が青々として美しいので,庭園に植栽し,生花や料理の添物として利用するほか,根茎が利尿,強心,去痰,強壮薬として利用される。根茎が地中を横にはって伸び,その節から葉柄を直立して葉をつける。葉柄は長く10~20cm,葉身は長さ30~50cmの長楕円状披針形で,幅8~15cm,深緑色で光沢があり,先がとがる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハラン(葉蘭)の言及

【堕胎】より

…いうまでもなく非合法の場合も多かったので,川柳などによまれて諷刺の対象ともなっている。薬方は水銀を主としたらしいが,民間ではホオズキの根,ヤマゴボウの根,ハランの茎,ナンテンなど主として子宮に挿入する方法や,高所から飛びおりたり階段から落ちるなど機械的な方法が用いられた。薬品には強い下剤を飲んだり薬を挿入するなどの薬物使用,さらに神仏に祈願したり呪術にたよるなど,概して他人に知られずに目的を達しようとした。…

※「ハラン(葉蘭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android