コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

は【把】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]とる たば
しっかりと手中に握る。とる。「把握把持把捉(はそく)
握る所。とって。「把手(はしゅ)銃把・刀把」
[難読]大雑把(おおざっぱ)把手(とって)

ば【把】

[接尾]わ(把)」に同じ。「ねぎ三

ぱ【把】

[接尾]わ(把)」に同じ。「薪十

わ〔ハ〕【把】

[接尾]助数詞。
束ねたものを数えるのに用いる。「まき五」「ホウレンソウ一
射芸で、矢を数えるのに用いる。矢51筋を1把とする。
[補説]上に来る数詞の末音によって、「ば(三把)」または「ぱ(六把・八把)」ともなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ば【把】

( 接尾 )
「わ(把)」(接尾)に同じ。 「ほうれん草三-」

ぱ【把】

( 接尾 )
「わ(把)」(接尾)に同じ。 「薪十-」

わ【把】

( 接尾 )
助数詞。束ねたものを数えるのに用いる。 「にら一-」 〔上にくる語によって「ば」「ぱ」ともなる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【大刀】より

…あるいは,刃を下向きにして腰に下げるものを〈たち〉とし,刃を上向きにして帯に差すものを〈かたな〉と呼ぶと説明するが,4~5世紀の大刀の佩用方法は明確でないから,これは6~8世紀の大刀と後世の日本刀との相違を述べたものにすぎない。 古墳時代の大刀は,把頭(つかがしら)などの外装部品の材質によって,木装,鹿角装,金属装などに大別することができる。金属装は,黄金,銅,金銅,鉄などを用いた外装の総称であるが,実際には一口(ひとふり)の大刀に,部品によって各種の金属を併用することも多い。…

※「把」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

把の関連キーワード生飯・散飯・三飯・三把初田植え・初田植マズルジャンプ藪内流・薮内流ホウレンソウ千把・千歯遼寧式銅剣鹿角装刀剣一山いくらほうれん草ホッスガイ年取り物環頭大刀後家倒し千把扱き藪内宗和無学宗衍千歯扱きさんばい千石通し

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

把の関連情報