コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラージュ kharāj

大辞林 第三版の解説

ハラージュ【kharāj】

イスラム帝国の地租。 → ジズヤ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハラージュ【kharāj】

イスラム法に定める地租。ムハンマドはアラビア半島において,ユダヤ教徒とキリスト教徒からジズヤ,アラブからザカートを徴収した。ジズヤは人頭税,ザカートは家畜・農産物の現物徴収であり,当時アラビア半島では土地そのものに対する課税はなかった。アラブは大征服時代にサワード地方で初めて土地に対する課税を知り,征服地の住民に人頭税と,収穫のほぼ半分に当たる地租とを課した。しかし人頭税と地租は併せて村落単位で一括徴収されたため,実務上も用語上も両者を区別する必要がなく,両者を併せたものが旧ビザンティン帝国領ではジズヤ,旧ササン朝領ではハラージュと呼ばれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハラージュ
はらーじゅ
Kharj

イスラム法が定める土地税。預言者ムハンマド(マホメット)がユダヤ教徒の農地からの収穫の半分を貢献させたことに起源をもつ。正統カリフ時代(632~661)、イスラム教徒は広大な地域を征服し、支配した。イスラム教徒は被支配者に、おおむね旧支配者が課していたのと同程度の税を課した。被支配者のなかからイスラムに改宗する者が多くなるにつれて、彼らからの税の徴収をどう合法化するかの問題が生じた。耕す人が非イスラム教徒であれ、改宗者であれ、税は土地そのものに課せられる、という土地税の概念が8世紀初頭に確立し、その土地税をハラージュとよぶようになり、ハラージュが課せられた農耕地はハラージュ地とよばれ、ここにイスラム税法が完成した。[後藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハラージュの言及

【ジズヤ】より

…ジズヤは,コーラン(9:29)にみえ,ムハンマドはユダヤ教徒とキリスト教徒からジズヤを徴収したが,それは人頭税で,貨幣で徴収された。ウマイヤ朝の行政用語ではジズヤとハラージュは区別がなく,ともに征服地の住民から徴収される租税一般を意味していた。当時,地租と人頭税は併せて村落単位で一括徴収されていたので,両者を区別する必要がなく,両者を併せたものが旧ビザンティン領ではジズヤ,旧ササン朝領ではハラージュと呼ばれていたのである。…

【マワーリー】より

… 征服地の非アラブ住民の改宗は古くからあったが,それが重大な政治・社会問題となったのは,7世紀末のイラクのサワード地方においてであった。ウマイヤ朝の政治はアラブの非アラブ支配の原則に立ち,アラブは事実上の免税特権を享受し,征服地の非アラブ農民は重いハラージュを支払わされていた。7世紀末のサワードで,多くの農民がハラージュを免れるため農村を逃れてクーファ,バスラに集まったが,アラブの支持を得られなかったムフタールは,クーファで反乱(ムフタールの乱)を起こすにあたり,彼らをディーワーンに登録してアター(俸給)を支給し,兵士として利用した。…

※「ハラージュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハラージュの関連キーワードアブー・ユースフウマイヤ朝西アジア史後藤

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android