コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリギリ

2件 の用語解説(ハリギリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハリギリ

センノキとも。ウコギ科の落葉高木。北海道〜九州,東アジアの山地にはえる。枝には鋭いとげがあり,葉は枝先に集まり,掌状に5〜9裂,裂片には鋸歯(きょし)がある。7〜8月,新枝の先に数本の花柄を出し,先端に小さな淡黄緑色の5弁花を球状に密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリギリ
はりぎり / 針桐
[学]Kaplopanax pictus (Thunb.) Nakai

ウコギ科の落葉高木。高さ25メートル、胸高の直径は1メートルに達する。幹は褐色、枝は灰色を帯び、普通は鋭い刺(とげ)がある。葉は円形で、掌状に浅く5~9裂し、大形で直径10~30センチメートル。長さ7~30センチメートルの葉柄がある。7~8月、枝の先から出た大形の花序に、淡黄緑色の花を開く。核果は球形で径約4ミリメートル、黒く熟す。北海道から九州、朝鮮半島、中国、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)に分布し、山地に生える。材は器具や下駄(げた)に用いる。葉がキリに似ており刺があるのでハリギリの名がある。別名センノキ(線木)ともいう。ハリギリ属は東アジア特産で、ハリギリ1種からなる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリギリの関連キーワード赤四手化粧柳泥の木夏椿針桐科の木タラの芽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハリギリの関連情報