コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリギリ

百科事典マイペディアの解説

ハリギリ

センノキとも。ウコギ科の落葉高木。北海道〜九州,東アジアの山地にはえる。枝には鋭いとげがあり,葉は枝先に集まり,掌状に5〜9裂,裂片には鋸歯(きょし)がある。7〜8月,新枝の先に数本の花柄を出し,先端に小さな淡黄緑色の5弁花を球状に密につける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリギリ
はりぎり / 針桐
[学]Kaplopanax pictus (Thunb.) Nakai

ウコギ科の落葉高木。高さ25メートル、胸高の直径は1メートルに達する。幹は褐色、枝は灰色を帯び、普通は鋭い刺(とげ)がある。葉は円形で、掌状に浅く5~9裂し、大形で直径10~30センチメートル。長さ7~30センチメートルの葉柄がある。7~8月、枝の先から出た大形の花序に、淡黄緑色の花を開く。核果は球形で径約4ミリメートル、黒く熟す。北海道から九州、朝鮮半島、中国、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)に分布し、山地に生える。材は器具や下駄(げた)に用いる。葉がキリに似ており刺があるのでハリギリの名がある。別名センノキ(線木)ともいう。ハリギリ属は東アジア特産で、ハリギリ1種からなる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハリギリの関連キーワードキバネセセリセンノキマイコガ梵天木灰汁楤栓の木佐賀錦熊楤癩桐鬼楤芋木棒楤茨木山桐犬桐櫼木栓木犬楤

ハリギリの関連情報