ハリネズミ

百科事典マイペディアの解説

ハリネズミ

食虫目ハリネズミ科の哺乳(ほにゅう)類の総称。体長10〜45cm,尾1〜21cm。吻(ふん)はとがり,背には短硬の針を密生。アフリカ,ヨーロッパ,アジアに分布。マダガスカル,スリランカ,日本には生息しない。夜行性で草の根,果実,昆虫,ミミズ,ヘビなどを食べ,敵に襲われると体を丸めてクリのいがのようになり身を守る。冬は落葉の下などで冬眠する。
→関連項目特定外来生物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリネズミ
はりねずみ / 針鼠
hedgehog

広義には哺乳(ほにゅう)綱食虫目ハリネズミ科ハリネズミ亜科に属する動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この亜科Erinaceinaeの仲間は、ユーラシアとアフリカに分布し、ハリネズミ属Erinaceus、オオミミハリネズミ属Hemiechinus、インドハリネズミ属Paraechinusの3属に12種がある。体はずんぐりとし、背面には堅い針状毛をもつ。尾は痕跡(こんせき)的。手足は頑丈で強大なつめをもつ。歯式は

で合計36本。平地の農耕地、低木林、草原などにすみ、地上性、雑食性で、温帯に分布するものは冬に冬眠する。
 狭義のハリネズミとよばれる種はナミハリネズミE. europaeusで、頭胴長23~32センチメートル、耳は短く、四肢も短い。顔面、四肢、下面などを除いた、背面や体側は針状毛で覆われる。夜行性で、昆虫、ミミズ、トカゲ、ヘビ、果実などを食べる。土中につくった巣穴で春と秋に3~7子を産む。子は1年で成熟する。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリネズミの関連情報