コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリブキ

百科事典マイペディアの解説

ハリブキ

ウコギ科の落葉低木。北海道〜四国の亜高山帯林下にはえる。褐色で高さ60〜90cm,葉とともにとげが密生する。葉は茎の先に集まってつき,掌状に7〜9中裂し,裂片には鋭い鋸歯(きょし)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハリブキ【Oplopanax japonicus (Nakai) Nakai】

亜高山の針葉樹林内に生えるウコギ科の落葉低木。は直立してほとんど分枝せず,高さ1m以下,全体,密に針状のとげに覆われる。葉は幹の先に集まって互生し,円形または心円形で径20~40cm,縁はふぞろいに掌状に切れ込み,裂片にはするどい欠刻様重鋸歯がある。葉柄や葉の両面脈上にはするどい針状のとげがある。花は小型で小さく,黄緑色,6~7月ごろ,茎の先端につく円錐花序に多数つく。花弁は5枚,長楕円形で長さ約3mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリブキ
はりぶき / 針蕗
[学]Oplopanax japonicus (Nakai) Nakai

ウコギ科の落葉低木。幹は黄褐色で、ほとんど分枝せず、直立し、細長い刺(とげ)を密生する。葉は大形の円形で、直径20~30センチメートル、掌状に7~9裂し、脈上に細長い刺を密生する。葉柄は長さ7~20センチメートル。6~7月、枝の先から出た大形の円錐(えんすい)花序に淡黄緑色の花を開く。核果は倒卵形、長さ6~7ミリメートルで、赤く熟す。北海道、本州(中部地方以北と紀伊山地)、四国に分布し、針葉樹林内に生える。名は、葉がフキに似ており、刺があることによる。ハリブキ属は3種からなり、ハリブキのほかに、朝鮮半島と北アメリカ北部にそれぞれ1種ある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハリブキの関連キーワード野草(植物)熊楤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android