コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリーリー al-Ḥarīrī, Abū Muḥammad al-Qāṣim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリーリー
al-Ḥarīrī, Abū Muḥammad al-Qāṣim

[生]1054. バスラ近郊マシャーン
[没]1122. バスラ
アラブの文学者。イランのハマダーニーが始めたマカーマートにならい『マカーマ集』 al-Maqāmātを完成したが,これはこの文学ジャンルでは最も名声高く,かつ,よく読まれるものとなった。その注釈書や,細密画入りの写本なども数多く出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハリーリー

アラブの文学者。1101年―1110年に《マカーマート》を発表。サルージのアブー・ザイドという放浪の主人公を中心にした51編の物語で,アラビア語散文の傑作とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハリーリー【al‐Ḥarīrī】

1054‐1122
アラビア語学者,《マカーマート》の作者。バスラ近郊マシャーンに生まれ,父が絹商人であったところからハリーリー(絹屋)と呼ばれた。《マカーマート》《海人の真珠》《語末変化講話》《シーンの随筆》などを残している。なかでもハムザーニーをまねて書かれた,アブー・ザイドを主人公とする50編のマカーマよりなる《マカーマート》は,アラビア語押韻散文サジュー体による修辞の極致をなす名作である。【池田 修】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリーリー
はりーりー
Ab Muammad al-arr
(1054―1122)

中世イラクの物語作者。南イラクのバスラ近郊マシャーンで生まれる。バスラの学校で教育を受け、カリフ庁で書記の職についた。のち文学に専念して、マカーマ形式の有韻散文による物語集『マカーマート』maqmt50編を発表するに及び、一躍名をなした。各編に共通の主人公であるサルージュのアブー・ザイドが登場し、その逸話をハンマームの息子ハーリスが聞いた話として語るという形式をとっている。主人公は人をからかったり機知をもって楽しませる道化であり、また、しばしば詩歌が配されていて一種の歌物語をなしている。彼より約半世紀以前のマカーマ作者、ハマザーニーの影響が色濃い。その作品は名文といわれ、長期間にわたって学校の教材とされてきた。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハリーリーの言及

【マカーマート】より

…単数形はマカーマmaqāma。10世紀ハマザーニーによって創作され,11世紀ハリーリーによって大成された。主人公は学識,詩才,機知に富み,加えてずる賢い。…

※「ハリーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハリーリーの関連キーワードハミード・ウッディーンナジーブ・マフフーズイスラム美術アラビア文学ハマダーニーハマザーニーバグダード派マハフーズサイダハリジアダブ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリーリーの関連情報