コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルノート Hull-Note

デジタル大辞泉の解説

ハル‐ノート(Hull-Note)

1941年11月、太平洋戦争直前の日米交渉の際に米国国務長官ハルが提示した覚書。日本軍の中国および仏領インドシナからの全面撤兵要求、蒋介石政権以外の政権の承諾拒否などを内容とするもので、事実上の最後通牒とみなされ、日本に開戦を決意させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハルノート【Hull Note】

太平洋戦争直前の1941年11月26日における日米交渉で、アメリカ国務長官 C =ハルによってなされた提案。日本の中国およびインドシナからの全面撤退、中華民国国民政府以外のいかなる政権をも認めないなど、アジアの状態を満州事変前に戻せという内容。日本側はこれをアメリカの最後通告とみなし、12月1日開戦を決定した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ハルノートの関連キーワードハル(Cordell Hull)太平洋戦争(第二次世界大戦)太平洋戦争史(年表)太平洋戦争(日本)ハル コーデルハル・ノート東条英機内閣野村吉三郎インドシナ満州事変日中戦争御前会議最後通告

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハルノートの関連情報