コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村吉三郎 のむら きちさぶろう

8件 の用語解説(野村吉三郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

野村吉三郎

海軍軍人・外交官・実業家。和歌山県生。明治29年海兵卒。昭和28年日本ビクター取締役社長となる。昭和39年(1964)歿、86才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のむら‐きちさぶろう〔‐キチサブラウ〕【野村吉三郎】

[1877~1964]海軍軍人・外交官。和歌山の生まれ。軍令部次長・鎮守府司令長官・外相などを経て駐米大使。太平洋戦争開戦まで日米交渉にあたった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

野村吉三郎【のむらきちさぶろう】

軍人,海軍大将,外交官。和歌山県出身。1939年阿部信行内閣の外相として駐日米国大使グルーと会談,日米の国交調整に努力。1941年駐米特命全権大使として米国務長官ハル太平洋戦争開戦前夜の日米交渉に当たった。
→関連項目尹奉吉来栖三郎真珠湾攻撃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村吉三郎 のむら-きちさぶろう

1877-1964 明治-昭和時代の軍人,外交官。
明治10年12月16日生まれ。アメリカ大使館付武官,パリ講和会議ワシントン会議の全権随員,横須賀鎮守府司令長官などを歴任。昭和8年海軍大将。14年阿部内閣の外相。15年駐米大使となり,太平洋戦争開戦まで日米交渉にあたった。29年参議院議員(当選2回,自民党)。昭和39年5月8日死去。86歳。和歌山県出身。海軍兵学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

のむらきちさぶろう【野村吉三郎】

1877‐1964(明治10‐昭和39)
明治・大正・昭和期の軍人,外交官,政治家。和歌山県出身。1898年海軍兵学校第26期卒業。第1次世界大戦中アメリカ大使館付武官としてフランクリン・ローズベルトらと親交を結ぶ。海軍軍令部次長,呉,横須賀両鎮守府司令長官などを歴任する。1932年第3艦隊司令長官として上海事変にあたり,爆弾で片目を失う。33年大将に昇進し,軍事参議官となったが,37年予備役に編入され学習院院長となる。39年阿部信行内閣の外相をへて40年駐米大使となり,日米交渉に尽力したが,太平洋戦争開戦に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のむらきちさぶろう【野村吉三郎】

1877~1964) 海軍軍人・外交官。和歌山県生まれ。大将。軍令部次長・鎮守府司令長官・軍事参議官などを歴任。1939年(昭和14)阿部内閣外相。40年駐米特命全権大使となり、開戦前夜の日米間の交渉に当たった。第二次大戦後、参議院議員。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村吉三郎
のむらきちさぶろう

[生]1877.12.16. 和歌山
[没]1964.5.8. 東京
海軍大将,外交官。 1898年に海軍兵学校を卒業。 1908年オーストリアドイツ駐在武官。 14~18年駐米大使館付武官となった。パリ講和会議ワシントン会議に随員として出席。 26~28年に軍令部次長,練習艦隊司令官,呉および横須賀鎮守府長官を経て,32年2月第3艦隊司令長官となったが,同年4月 29日,上海の天長節祝賀会場で朝鮮人尹奉吉の投げた爆弾で負傷,隻眼となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野村吉三郎
のむらきちさぶろう
(1877―1964)

海軍軍人、外交官。和歌山県に生まれる。海軍兵学校26期。海兵教官、「千歳(ちとせ)」航海長などを歴任。オーストリア、ドイツ駐在後、1915年(大正4)から4年間在米日本大使館付武官となる。パリ講和会議、ワシントン海軍軍縮会議に全権随員として出席。その後、軍令部次長、呉(くれ)・横須賀鎮守府司令官などを経て、1932年(昭和7)上海(シャンハイ)爆弾事件で片眼を失う。1933年大将。1937年予備役となり学習院長に任命される。1939年阿部信行(あべのぶゆき)内閣外相。1940年駐米大使となり、太平洋戦争開戦まで日米交渉にあたる。このときの交渉の経過はのちに『米国に使して――日米交渉の回顧』にまとめられた。講和後、1953年(昭和28)日本ビクター社長。1954年参議院議員となり、自民党外交調査会会長などを務める。[小田部雄次]
『尾塩尚著『駐米大使野村吉三郎の無念――日米開戦を回避できなかった男たち』(1994・日本経済新聞社) ▽豊田穣著『悲運の大使 野村吉三郎』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野村吉三郎の言及

【尹奉吉】より

…上海で愛国志士金九の薫陶を受け傾倒する。1932年4月29日上海虹口公園で日本の天長節祝賀会が開催されたとき,参席した日本の要人群に投弾,陸軍大将白川義則,同中将植田謙吉,海軍中将野村吉三郎,駐中国公使重光葵らを死傷させた。同年12月19日処刑される。…

※「野村吉三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野村吉三郎の関連キーワード南次郎高田早苗守屋孝蔵阪谷芳郎漂泊者のアリア高木正年杉山茂丸内野辰次郎溝口直亮陸奥広吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野村吉三郎の関連情報