コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロッド Harrod, Sir Roy Forbes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロッド
Harrod, Sir Roy Forbes

[生]1900.2.13. ロンドン
[没]1978.3.9. ノーフォーク,ホルト
イギリスの経済学者。オックスフォード大学に学び,1967年まで母校にとどまり,以後同校クライスト・チャーチのフェロー。また 45~61年"Economic Journal"共同編集者,52~53年国際通貨基金の経済顧問。理論経済学,国際経済学,国際通貨論など多方面にわたって独創的見解を展開し,学会や内外の経済・通貨政策面でも種々の要職を歴任したが,なかでも自己もその形成に寄与した『雇用・利子および貨幣の一般理論』におけるケインズ理論の動学化を指向し,近代成長理論の先駆者の一人として知られる。『国際経済学』 International Economics (1933) ,『景気循環論』 Trade Cycle (36) ,『動態経済学序説』 Towards a Dynamic Economics (48) ,『ケインズ伝』 The Life of John Maynard Keynes (51) ,『ドル』 The Dollar (53) ,『安定成長の通貨政策』 Policy against Inflation (58) ,『経済動学』 Economic Dynamics (73) など著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハロッド(Roy Forbes Harrod)

[1900~1978]英国の経済学者。ケインズとは独立に有効需要論を発見。また、経済動学を発展させて経済成長理論の基礎を築いた。著「景気循環論」「経済動学」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハロッド

英国のケインズ派経済学者。オックスフォード大学講師。経済動態分析で加速度原理と乗数理論を結合したマクロ動態論や,乗数理論を貿易に適用した貿易乗数論などで著名。主著《ケインズ伝》《景気循環論》《国際経済学》。
→関連項目ケインズ学派ソロー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハロッド【Roy Forbes Harrod】

1900‐78
イギリスの経済学者。J.M.ケインズの高弟の一人で,ケインズ理論の解説および普及でも有名であるが,ケインズ理論の動学的発展,国際経済学,不完全競争の理論等の分野で独自の貢献をした。オックスフォード大学で長く教鞭をとり,ケインズを中心とする知的エリートの集まり,〈ブルームズベリー・グループ〉の一員でもあった。また1950年代にはイギリスの王立経済学協会の専門機関誌《エコノミック・ジャーナル》の共同編集人を務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハロッド【Roy Forbes Harrod】

1900~1978) イギリスの経済学者。ケインズ理論の成立に深くかかわり、その動態経済学を発展させ、成長理論の基礎を築いた。著「国際経済学」「動態経済学序説」「ケインズ伝」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハロッド
はろっど
Sir Roy Forbes Harrod
(1900―1978)

イギリスの経済学者。1922年オックスフォード大学卒業後、ケンブリッジ大学にも学び、1924年から1967年までオックスフォード大学クライスト・チャーチ学寮のスチューデント(給費研究生)であった。この間、『エコノミック・ジャーナル』Economic Journal誌の共同編集者(1945~1961)、国際通貨基金(IMF)経済顧問(1952~1953)、王立経済学会会長(1962~1964)を歴任している。
 彼の名をまず高めたのは『国際経済学』International Economics(1933)であった。彼はそこで貿易理論に乗数理論を導入し、比較生産費理論が示す貿易の質と並んで、一国の雇用水準や景気の国際的波及に貿易の量が与える効果の重要性を指摘した。また、比較生産費差をもたらすものとして特殊的生産要素の国際的賦存の相違を重視し、ヘクシャー‐オリーン流の接近法を批判している。しかし、ハロッドの名声を不動のものとしたのは動態経済学の分野での諸研究であり、『景気循環論』The Trade Cycle, An Essay(1936)では、後の加速度原理ともいうべきリレーションと乗数理論との結合を図り、景気循環問題を分析した。さらに『動態経済学序説』Towards a Dynamic Economics(1948)では、経済成長を、貯蓄率と資本係数に依存する保証成長率と、労働人口増加率と技術進歩率に規定される自然成長率との関係として定式化し、ドーマーとともに現代経済成長理論の端緒を開いた。なお、これら経済学上の貢献のほか、『ケインズ伝』The Life of John Maynard Keynes(1951)、『社会科学とは何か』Sociology, Morals and Mystery(1971)などの著書もある。[村上 敦]
『藤井茂訳『国際経済学』全訂新版(1976・実業之日本社) ▽宮崎義一・浅野栄一訳『景気循環論』(1955・東洋経済新報社) ▽高橋長太郎・鈴木諒一訳『動態経済学序説』(1953・有斐閣) ▽塩野谷九十九訳『ケインズ伝』上下(1954、56・東洋経済新報社) ▽清水幾太郎訳『社会科学とは何か』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハロッドの言及

【経済成長】より

…したがって労働市場や生産物市場での均衡は必ずしも前提にされず,一般には不均衡状態を前提にした経済モデルが展開されるのである。R.F.ハロッドの経済成長論はまさにその典型であり,ハロッドによれば,生産物市場でのマクロ的均衡条件を示す投資=貯蓄の均衡状態は,ひとたび不均衡になればますますその不均衡の程度は拡大されると結論づけられるのである(これに対して新古典学派的接近では,投資=貯蓄の均衡状態は利子率の需給調節機能によってつねに維持されるものと仮定される)。またハロッドによれば,労働の完全雇用と資本の完全利用とが同時に達成されるのは偶然によるのであり,すべての生産要素の完全利用を前提にする新古典学派の理論と対照をなすのである。…

【財政学】より

…フィスカル・ポリシーの理論は,アメリカでA.H.ハンセンA.P.ラーナーにより体系化された。この理論は短期的な安定政策を主要課題としていたが,R.F.ハロッドがケインズ理論の長期動態化を図るとともに,新たに財政政策の長期的目標が問題とされた。ここでは長期的にインフレないしデフレをともなうことなく資本と労働の完全利用と完全雇用を維持するためには,いかなる財政手段を通じて成長率をコントロールするかが問われた。…

※「ハロッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハロッドの関連キーワードロビンソン(Joan Violet Robinson)ポンド(イギリスの通貨単位)ハロッド=ドーマー・モデルE.デービッド ドーマーハーベイロードの前提ナイフ・エッジの問題特殊的生産要素理論経済静学・経済動学アンティノミー理論G. フェリトマン労働節約的技術進歩ハロッズ[会社]マクロ経済学多部門成長論投資の二重性限界資本係数フェリトマン経済成長論2月13日自然成長率

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android