コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロー(銀河) ハロー

百科事典マイペディアの解説

ハロー(銀河)【ハロー】

銀河を取り巻くように存在するほぼ球状の成分。光学ハロー,X線ハロー,ダークハローの三つの領域が存在する。光学ハローは銀河のまわりの球状星団の分布する領域で,光で見ることができる。広がりはディスクの2倍程度と推定されている。X線ハローは光学ハローのさらに2倍ないし数倍の大きさをもつ高温ガスの領域で,とくに巨大楕円銀河に多く見られる。ダークハローは光をはじめ電波,X線でも観測されていないが,ディスク中の星やガス,ハロー中の高温ガスに及ぼす重力作用からその存在が知られているもので,光で見ることのできる銀河の数倍の範囲まで広がっていると考えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ハロー(銀河)の関連キーワードディスク(銀河)

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android