コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンカイソウ Ligularia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンカイソウ
Ligularia japonica

キク科の大型多年草で,東海地方より西の本州と四国,九州および朝鮮半島,台湾,中国に分布する。山地のやや湿ったところに生える。茎は高さ 1mに達する。根出葉は長い柄があり,掌状に分裂し長さ 30cm内外,茎葉は3枚が互生し,葉柄基部は茎を抱く。初夏に茎の上端に径約 10cmの大きな鮮黄色の頭状花を数花散房状に開く。舌状花は 10個前後で長さは約 6cmあり,痩果は長さ 9mmほどの長楕円体で 7mmほどの茶色の冠毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハンカイソウ

キク科の多年草。本州(静岡以西)〜九州,東アジアの温〜暖帯に分布し,山地のやや湿った所にはえる。茎は高さ60〜100cm,普通紫の斑点がある。根出葉は長い柄があって掌状に裂ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンカイソウ
はんかいそう / 樊
[学]Ligularia japonica (Thunb.) Less.

キク科の多年草。茎は高さ0.6~1メートル。根出葉は掌状に分裂し、長さ、幅ともに30センチメートル、長柄がある。6~8月、散房状花序をつくり、頭花を約10個つける。山地の林下や湿草原に生え、中部地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国中南部に分布する。本種とマルバダケブキとの交雑種をチョウリョウソウ(張良草、別名ダケブキ)L. x yoshizoeana (Makino) Kitam.といい、葉は掌状に浅く裂ける。まれに栽培される。ハンカイソウ、チョウリョウソウとも、中国漢代の武将である樊(はんかい)、張良の名を冠したものである。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハンカイソウの言及

【メタカラコウ】より

…中国中南部から日本にかけて分布するが,九州になく,四国や中国地方,近畿地方ではまれで,中部地方以北の本州に多い。マルバダケブキの無い九州や少ない四国,中国地方と近畿地方にはハンカイソウL.japonica (Thunb.)Less.(イラスト)がある。花序は大型の散房状でマルバダケブキと同様であるが,葉は掌状に深裂している点で異なる。…

※「ハンカイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンカイソウの関連キーワードキク科岳蕗

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android