コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンティンドン(伯家) ハンティンドン[はくけ]Huntingdon, Earls of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンティンドン(伯家)
ハンティンドン[はくけ]
Huntingdon, Earls of

イギリスの貴族の家柄。現存する最古の四大伯家の一つ。すでにアングロ・サクソン時代の貴族ワルセオーフ(1076没)がこの称号を得ていた。ワルセオーフは征服王ウィリアム1世に陰謀をたくらんだかどで処刑されたが,その娘がのちのスコットランド王デービッド1世と再婚したことから,伯爵位はスコットランド王室関係者に継承されることになり,そのなかにはのち王になったマルカム4世,ウィリアム・ザ・リヨン(1143~1214)らもいたが,この系統は 1237年絶えた。14世紀になり,2人の者に授けられたがいずれも後嗣なく没したのち,1387年ジョン・ホランド(1352?~1400)に与えられた。ホランドはリチャード2世の異母兄で,1397年にはエクセター公(→エクセター〈公・侯・伯家〉)になったが,ヘンリー4世に陰謀を働いたかどで処刑された。その次子ジョン(1395~1447)は百年戦争に従軍し,1415年アザンクールの戦いに活躍した功により翌年伯爵位を回復。ジョンはその後も大陸で転戦し,公爵位も回復した。しかし 3代ヘンリーが,1461年ランカスター派貴族として処刑されたため,ホランド家の系統も絶えた。その 10年後の 1471年,トマス・グレー(1451~1501)が,エドワード4世のためにテュークスベリーの戦いで善戦した功により伯爵位を授けられたが,1475年ドーセット侯(→ドーセット〈伯・侯・公家〉)に叙せられるにあたり,伯爵位を辞退。そこで,1479年ハーバート家のペンブルック伯ウィリアム(1460~91)が,ペンブルック伯爵位を捨ててハンティンドン伯爵位を取得したが,後嗣なく終わった。次いで 1529年ヘンリー8世の寵臣ジョージ・ヘースティングズ(1488?~1545)に授けられ,その系統が今日まで続いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハンティンドン(伯家)の関連キーワードヘースティングズ家