バイアブランカ(英語表記)Bahía Blanca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バイアブランカ」の解説

バイアブランカ
Bahía Blanca

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州南部の都市。首都ブエノスアイレスの南西約 550km,大西洋ブランカ湾の湾奥に位置する港湾都市。 1828年インディオに対する防衛拠点が建設されたことに始る町で,95年まではヌエバブエノスアイレスと呼ばれた。 84年ブエノスアイレスと結ぶ最初の鉄道が開通してから,商業中心地として発展。特に 20世紀初頭の発展はめざましく,同国のジャーナリスト R.パイロの小説『パゴ・チコ』 (1908) にその様子が描かれている。現在同国有数の港湾都市で,市街地は湾に注ぐナポスタグランデ川を数 kmさかのぼった地点に広がっているが,湾岸および同川沿岸にプエルトベルグラノ,インヘニエロホワイトなどの付属港をもち,パンパス南部の主要港として,小麦羊毛ウシ皮革などを積出す。市内には食肉製粉乳製品,なめし皮などの農畜産物加工業のほか,石油精製,石油化学などの工業が立地し,国立スル大学 (1956) ,図書館,博物館などがある。水運のほか陸上交通の要地でもあり,全国各地からの鉄道,道路が集る。人口 28万 7188 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「バイアブランカ」の解説

バイア‐ブランカ(Bahia Blanca)

アルゼンチン中東部、ブエノスアイレス州の都市。首都ブエノスアイレスの南西約550キロメートルに位置し、大西洋のブランカ湾に面する。同国有数の港湾都市の一つで、パンパス南部の農牧畜産品の積出港となっている。石油化学工業も盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android