コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイア・ブランカ バイアブランカ

百科事典マイペディアの解説

バイア・ブランカ

アルゼンチン南東部,同名湾に臨む港湾都市。パンパ南部の肉類,小麦,羊毛,およびネグロ川流域の農産物を輸出する。1828年創設。石油精製,石油化学工業が立地し,南米最大の海軍基地がある。
→関連項目コロラド[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイア・ブランカ
ばいあぶらんか
Baha Blanca

アルゼンチン東部、ブエノス・アイレス州南部にある港湾・工業都市。都市圏人口28万1354(2001)。ブエノス・アイレス市の南方560キロメートルに位置しブランカ湾に面する。鉄道、道路、航空網で国内各地と結ばれ、パンパ南部の農牧畜産品の主要な積出し港である。交通の便を生かした石油化学工業、精油業が盛んで、軍事基地もある。1883年の先住民掃討戦の終結、翌84年の鉄道開通ののち入植が進み、住民の大半がヨーロッパ系白人からなる近代都市に成長した。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バイア・ブランカの関連キーワードミルスタイン(César Milstein)ネグロ[川](アルゼンチン)コロラド[川]アルゼンチン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android