コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイエル Bayer A. G.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイエル
Bayer A. G.

ドイツの総合化学会社。 1863年 F.バイエルが創業した染料工場が始りで,81年にフリードリヒ・バイエルとして会社設立。各種合成染料の製造のほか,88年フェナセチン,99年アスピリンなどの医療品開発と,有力関連企業の吸収などにより発展。 1925年ドイツの化学会社統合によってバスフ (BASF) ,ヘキストなどとともにイー・ゲー・ファルベンに吸収されたが,第2次世界大戦後に解体され,51年西ドイツでファルベンファブリーケン・バイエルとして再発足。 50年代後半には石油化学,合成ゴム分野にも進出して多角化を推進,肥料を除く全化学製品を手がける。 71年現社名に変更。また系列グループにアグファ・ゲバルトがあり,写真機,フィルムを製造する。国外進出も積極的で,57年カナダに持株会社バイエル・フォーリン・インベストメントを設立,ヨーロッパを中心にアメリカ,南アメリカ,トルコ,イラン,インドなど世界各国の子会社・関連会社を統轄している。 86年に診断装置メーカーのクーパー・テクニコンを買収。 90年にはカナダのアルベルタ・ノバ社のポリサーゴム事業を買収。アスピリンをはじめとする大衆薬のほか,血友病治療薬,感染症防止薬,心臓疾患治療薬,糖尿病治療薬などが好調である。年間売上高 550億 500万マルク,総資産 541億 7000万マルク,従業員数 14万 4600名 (1997) 。

バイエル
Bayer, Johann

[生]1572 ライン
[没]1625.3.7. アウグスブルク
ドイツの天文学者。著書『恒星測定学』Uranometria(1603)で,肉眼で見える恒星の命名法を定めた。1592年にインゴルシュタット大学に入学し哲学を学ぶ。のちにアウグスブルクに移り弁護士になったが,当時の多くの人と同様,天文学の進歩に強い興味をいだき,星図『恒星測定学』を出版した。1612年,アウグスブルク市議会の法律顧問に任命された。それまでの星図は,クラウディオス・プトレマイオスの 48星座を基準に描かれた不完全なものだった。バイエルはプトレマイオスの 48星座に,南天に新たにつくった 12星座を加え,ティコ・ブラーエが観察した星の位置・光度に基づき,星座中の肉眼で見える恒星すべてにギリシア文字(24文字)を順番にふった。24以上の恒星をもつ星座については,ギリシア文字が足りなくなるとローマ字を使った。バイエルが考案したこの命名法は今日も使用され,約 1300個の星にバイエル符号がつけられている。(→星座

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイエル(Ferdinand Beyer)

[1803~1863]ドイツの作曲家。ピアノ小曲を多く作った。
(Beyer)が作った初心者向けのピアノ教則本。日本での普及は、明治13年(1880)にお雇い外国人である米国のメーソンがピアノ教育に導入したのが始まり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バイエル

デンマークの政治家,作家。デンマーク平和協会を設立,ベルンに国際平和事務局を設立してその議長となった。1908年ノーベル平和賞。
→関連項目アーノルドソン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

バイエル

ドイツの作曲家、ピアニスト。ピアノ曲のほかに室内楽曲等も作曲したが、今日では《ピアノ奏法入門書 Vorschule im Klavierspiel Op. 101》が「バイエルピアノ教則本」として知ら ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

大辞林 第三版の解説

バイエル【Ferdinand Beyer】

1803~1863) ドイツの作曲家。室内楽やピアノ曲を数多く作曲したほか、編曲も手がけた。「ピアノ階梯」は日本ではピアノの初級用教則本「バイエル」によって広く知られている。バイヤー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

バイエル

生年月日:1837年4月21日
デンマークの政治家,著作家,平和主義者
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のバイエルの言及

【バイエル[会社]】より

…本社,ケルン近郊のレーバークーゼン。1863年バイエルFriedrich Bayer(1825‐80)とベスコットJohann WeskottによりFriedrich Bayer & Co.としてブッパータールに設立。当初はアニリン染料の製造からスタートし,80年代にはヨーロッパ一円に販売網を整え,91年にはレーバークーゼンに本社を移転した。…

※「バイエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイエルの関連キーワードバイエル(Ferdinand Beyer)アグファ・ゲバルト・グループイーゲー・ファルベン[会社]シェリング(医薬品メーカー)ブロムジエチルアセチル尿素マンフレッド シュナイダーバイエル石(データノート)バイエル(化学メーカー)K.P. アルヌルドソンバイエル・ピアノ教則本ミヒャエル ポートフ和・Harmonyアセチルサリチル酸ヘキスト[会社]レーバークーゼンバイエル[会社]バスフ[会社]インディアン座アルヌルドソンデュースベルク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイエルの関連情報