コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカウツギ

百科事典マイペディアの解説

バイカウツギ

ユキノシタ科の落葉低木。本州〜九州の山地にはえる。葉は対生し,卵形で5本の脈が目立ち,縁には低い鋸歯(きょし)がある。5〜6月,小枝の先に総状集散花序を出し,径3cm内外でウメに似た白色の4弁の花を5〜10個つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイカウツギ【Philadelphus coronarius L.】

山地の路傍に見られるユキノシタ科の落葉低木で,幹の高さは約2m(イラスト)。花が美しく,また香りがあるので,世界に広く栽培され,観賞用としてよく利用されている。枝はふたまたによく分枝し,若い枝には軟毛がある。葉には短柄があり,対生する。葉身は長さ5~10cm,表は緑色,裏面は淡緑色,長楕円状卵形で先は長くとがり,ふちには微凸状の鋸歯がまばらにあって,基部から平行した5脈が目だつ。6~7月,枝の先に総状的な集散花序をつくり,直径約2.7cmの白い花を5~9個つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカウツギ
ばいかうつぎ / 梅花空木
[学]Philadelphus coronarius L.

ユキノシタ科の落葉低木。葉は対生し、短柄がある。葉身は長楕円(ちょうだえん)状卵形または卵形で、長さ5~10センチメートル、先はとがり、縁(へり)にはまばらに小さな鋸歯(きょし)がある。基部から出る5本の葉脈が目だつ。6~7月、枝先にやや大きい白色花を総状につける。花は4数性で、萼(がく)裂片、花弁ともに4枚。花弁は倒広卵形、開出し、花冠は径約2.7センチメートル。雄しべは約20本。花柱は1本で約8ミリメートル、先端は4裂する。子房は下位。名は、花形がウメの花に似ているウツギの意味であるが、ウツギ属ではなく、バイカウツギ属の植物である。山路に生え、本州、四国、九州に分布。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バイカウツギの関連キーワード世界のおもな植物園バイカアマチャ薩摩空木麩空木白空木五月梅真空木

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android