コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バカン(伯家) バカン[はくけ]Buchan, Earls of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バカン(伯家)
バカン[はくけ]
Buchan, Earls of

スコットランドの貴族の家柄。数回とだえては創設された。初めは 13世紀にカミン家に与えられ,2代伯アレクサンダー (1289没) はガロウェー地方に大所領を獲得し,スコットランド総帥になった。その子の3代伯ジョン (1313頃没) もスコットランド総帥になったが,イングランド王エドワード1世に忠誠を尽し,1297年愛国者 W.ウォレスの反乱鎮圧にあたり,1305年エドワードをスコットランド王として認めた。カミン家と犬猿の仲にあったブルース家のロバート (のちのロバート1世ブルース ) が,06年従兄弟のジョン (カミン) を殺害するとその復讐を誓い,翌年からスコットランド王となったロバートと戦って敗れ,土地を没収された。 82年頃ロバート2世の子アレクサンダー・スチュアート (43頃~1405頃) があらためてバカン伯になったが,彼一代で終った。 1406年に伯爵位は一族のジョン・スチュアート (1381頃~1424) に3回目の初代伯として授けられた。彼は百年戦争中,スコットランド軍を率いてフランス軍救援におもむき,たびたびイングランド軍を破ってフランス元帥に叙せられたが,最後にベルヌイユで戦死した。その後,16世紀にアースキン家が4回目のバカン伯家を興した。その 11代伯デービッド・スチュアート (1742~1829) は,スコットランド古遺物協会の設立者で,その他の文化事業の後援者でもあったが,また 1792年アメリカ大統領 G.ワシントンに,かつて愛国者ウォレスの身を守ったと伝えられる木でつくった嗅ぎたばこ入れを贈ったことでも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android