コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バサースト バサースト Bathurst

5件 の用語解説(バサーストの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バサースト(Bathurst)

ガンビアの首都バンジュルの旧称。植民地大臣を務め、奴隷制廃止を支持したヘンリーバサーストにちなむ。
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州東部の都市。シドニーの北西約210キロメートルに位置する。1815年、グレートディバイディング山脈より西側の内陸部で同国初の入植地となった。牧羊などの農牧地帯の中心地。メソジスト教会やカトリックの寄宿学校など、植民地時代の建物が多く残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バサースト【Bathurst】

オーストラリア南東部,ニューサウスウェールズ州中部の都市。人口2万5000(1991)。シドニーから道路,鉄道で約210km西の東部高地西斜面に位置し,牧羊をはじめとする農牧地帯の中心都市。北西方のオレンジとともに地方開発拠点都市に指定され,工場誘致が進められている。内陸開拓の端緒となった最古の内陸都市(1815開基)で,1836年には科学者ダーウィンが来訪した。1885年に市制をしいた。名称はイギリスの植民地相の名に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バサースト
バサースト

バンジュル」のページをご覧ください。

バサースト
バサースト
Bathurst

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州東部,シドニーの西北西 211kmにある都市。同国の歴史において内陸開拓の端緒となった都市で,19世紀前半以来の牧羊業,1850年代のゴールドラッシュにより発達した農牧中心都市。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バサーストの関連キーワードオーストラリアアルプスニューサウスウェールズオーストラリア亜区サウスオーストラリア南オーストラリアオーストラリア首都特別地域セントラルコーストマレー[川]ニュー・サウス・ウェールズ[州]ウェラー種 (Waler)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone