コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バサースト バサーストBathurst

5件 の用語解説(バサーストの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バサースト(Bathurst)

ガンビアの首都バンジュルの旧称。植民地大臣を務め、奴隷制廃止を支持したヘンリーバサーストにちなむ。
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州東部の都市。シドニーの北西約210キロメートルに位置する。1815年、グレートディバイディング山脈より西側の内陸部で同国初の入植地となった。牧羊などの農牧地帯の中心地。メソジスト教会やカトリックの寄宿学校など、植民地時代の建物が多く残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バサースト【Bathurst】

オーストラリア南東部,ニューサウスウェールズ州中部の都市。人口2万5000(1991)。シドニーから道路,鉄道で約210km西の東部高地西斜面に位置し,牧羊をはじめとする農牧地帯の中心都市。北西方のオレンジとともに地方開発拠点都市に指定され,工場誘致が進められている。内陸開拓の端緒となった最古の内陸都市(1815開基)で,1836年には科学者ダーウィンが来訪した。1885年に市制をしいた。名称はイギリスの植民地相の名に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バサースト
バサースト

バンジュル」のページをご覧ください。

バサースト
バサースト
Bathurst

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州東部,シドニーの西北西 211kmにある都市。同国の歴史において内陸開拓の端緒となった都市で,19世紀前半以来の牧羊業,1850年代のゴールドラッシュにより発達した農牧中心都市。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone