コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バセドー病 ばせどーびょう Basedow disease

6件 の用語解説(バセドー病の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

バセドー病

バセドウ病」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バセドー‐びょう〔‐ビヤウ〕【バセドー病】

甲状腺の機能の亢進(こうしん)による、甲状腺の腫(は)れ、頻脈、眼球突出を主症状とする病気。自己免疫疾患と考えられている。20~30歳代の女性に多い。報告者の医師バセドーにちなむ命名。バセドーより早くアイルランドの医師グレーブスが報告したので、グレーブス病ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バセドー病【バセドーびょう】

グレーブス病ともいう。甲状腺がはれ眼球が突出する甲状腺機能亢進症。青年~中年の男女に起こるが,特に女性に多い。動悸,息切れ,ふるえ,多汗,下痢などの症状があり,著しくやせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バセドーびょう【バセドー病 Basedow disease】

ドイツの医師K.A.vonバゼドーにより1840年に報告された甲状腺腫,眼球突出および頻脈を特徴とする疾患。同一の疾患は,1800年にイタリアのフライアーニGiuseppe Flaiani(1741‐1808)が,25年にはイギリスパリーCaleb H.Parry(1755‐1822)が(死後発表),また35年にはアイルランドのグレーブズRobert J.Graves(1797‐1853)が,それぞれ独立に発表しており,国によってフライアーニ病とかパリー病とか呼んでいたが,現在国際的にはグレーブス病が病名として用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バセドーびょう【バセドー病】

甲状腺の機能亢進によって起こる疾患。眼球突出・頻脈・甲状腺腫を特徴とする。また体重減少,自律神経系の異常興奮,手指のふるえなどを伴う。女性に多い。バセドー氏病。グレーブス病。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バセドー病
バセドーびょう
Basedow's disease

グレーブス病,眼球突出性甲状腺腫ともいう。眼球突出,甲状腺腫,頻脈 (これをメルゼブルク3主徴という) を主要症状とする疾患で,甲状腺機能亢進症の一つ。女性に好発し,男性の4倍多い。 K.バセドーはドイツの医師 (1799~1854) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバセドー病の言及

【眼窩】より

…両眼測定し,2mm以上の左右差がある場合は病的とされる。眼球突出を起こすおもな眼科的疾患としては,種々の眼窩腫瘍,眼窩内炎症,血管性病変等があり,また甲状腺機能亢進症(いわゆるバセドー病)でも起こることがある。その鑑別診断は,従来のレントゲン撮影や生検に加え,近年コンピューター断層撮影(CTスキャン)や超音波診断法の開発によって,以前より容易になってきている。…

【甲状腺】より

…この細胞は発生学的には鰓後体(咽頭派生体の一つ)に由来するが,細胞には一般のタンパク質分泌細胞のように分泌顆粒がみられ,開口分泌によって血管周囲腔へ放出される。チロキシン【藤田 尚男】
【甲状腺の異常】
 甲状腺の働きはいろいろの病気によって障害を受けるが,よく知られているのはバセドー病による機能亢進症であろう。それに対して,胎児期・乳児期以来の機能低下のために成長・発育・知能の発達が阻害されるクレチン症も古くから知られている。…

【甲状腺機能検査】より

バセドー病など甲状腺の病気などに際し,甲状腺の機能を調べる検査。甲状腺の機能検査を大別すると,(1)ホルモンの生成,分泌,(2)調節機序,(3)形態,(4)ホルモンの作用状態,(5)免疫の異常の有無等についての検査に分けられる。…

※「バセドー病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バセドー病の関連キーワード西ドイツバゼドーバセドー統一ドイツドイツの小さな町ドイツドームVangerow,K.A.vonZittel,K.A.vonシュトラドーニツ,S.K.vonチッテル,K.A.von

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バセドー病の関連情報