コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バターン半島 バターンはんとうBataan Peninsula

5件 の用語解説(バターン半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バターン半島
バターンはんとう
Bataan Peninsula

フィリピン,ルソン島中央西部,マニラ湾の西岸をなす半島。バターン州をなす。第2次世界大戦では激戦がかわされ,バターンの会戦,バターン死の行進の地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バターン‐はんとう〔‐ハンタウ〕【バターン半島】

Bataan Peninsula》フィリピン、ルソン島中部の半島。南シナ海マニラ湾を分けるように南に延びる。全体がバターン州に属す。主な町は州都バランガ。南端沖にコレヒドール島が浮かぶ。太平洋戦争の激戦地であり、日本軍が米国・フィリピン連合軍の捕虜を徒歩で移動させて1万人に上る死者を出した「バターン死の行進」の舞台として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バターン半島【バターンはんとう】

フィリピンのルソン島南西部,マニラ湾の西側を限る半島。長さ48km,幅32km。南端沖にコレヒドール島がある。大部分は熱帯性密林におおわれた山地で南端部にはマリベレス山(1410m)がそびえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バターンはんとう【バターン半島 Bataan Peninsula】

フィリピン,ルソン島南西部,マニラ湾の西に突出する半島。サンバレス山脈の南端にあたり,最大幅32km,全長約50km。第四紀の火山活動による火山山頂が全域に点在するが,なかでも北部のナティブ火山(標高1253m)と南部のバターン火山(標高1388m)の二つが卓越する。半島東岸には狭いながらも海岸平野が開けるが,南シナ海側は密林の覆う山岳地が海岸近くまで迫る。半島突端には天然の良港マリベレスMariveles港を有し,マニラ湾の入口を扼するという地理的位置の戦略的重要性は非常に高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バターン半島
ばたーんはんとう
Bataan Peninsula

フィリピン北部、ルソン島南西部の半島。マニラ湾の西に突出する。長さ48キロメートル、幅32キロメートル、面積1373平方キロメートル。サンバレス山脈の南端に位置し、マリベレス山(1305メートル)などの高い山がそびえる。人口55万8000(2000)。行政的には半島全域がバターン州に属し、州都は東岸のバランガ(人口7万1088、2000)。西半部は熱帯密林に覆われ、東半部の平地に人口が集中する。マニラ市に送られる野菜、果物のほか、米、サトウキビなどが栽培される。1942年の日本軍の侵攻に際し、アメリカ・フィリピン連合軍との間に激しい戦闘が行われ、また、日本軍の捕虜の取扱いが問題化した「死の行進」の出発点となった。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バターン半島の関連情報