バックスキン(英語表記)buckskin

翻訳|buckskin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バックスキン
buckskin

本来はシカ皮の表面をサンドペーパーでこすって起毛させたもの。現在では,ヤギ,ヒツジの皮などの加工品をもいう。美しくて手ざわりがよく,しなやかで,じょうぶなので,コート,ズボン,帽子などのレザーウェア,靴,袋物などに用いられる。本物のシカの皮からつくるバックスキンは最近きわめて少く,ウシ,ヤギのクロムなめし皮の裏面をサンドペーパーで起毛させたスエードや,ウシ皮の表面を加工して,起毛させたヌバック (男女の靴用に使う) をもバックスキンに含めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バックスキン(buckskin)

シカ皮。シカのもみ皮。また、それに似せた羊や子牛の皮。
シカ皮の感じに似せて仕上げた織物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バックスキン

buckは雄ジカの意で,本来はシカの銀面を起毛させたものをさすが,一般にはスエードと混同され子牛,ヤギ,ヒツジ等の加工革をもいう。しなやかで強く,靴,手袋,ジャケット等に利用。またこの革に似た外観に仕上げた紡毛織物もバックスキンといい,主としてズボンやコート地に利用する。
→関連項目皮/革

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バックスキン【buckskin】

鹿のもみ革。また、それに似せて仕上げた小羊の革。
に似せた毛織物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バックスキン
ばっくすきん
buckskin

鹿(しか)皮、鹿皮のなめし革の表面(銀面)を毛ごとすき落とし、毛羽立てて柔らかい手触りに仕上げたもの。衣服や手袋、靴、袋物などに使われる。近年、羊皮や牛皮などの裏面を毛羽立てたなめし革(スエード)をもバックスキンといい、用語に混同がみられる。複数形では鹿皮製の半ズボンの意があり、鹿皮製の服を着ていたため独立戦争時のアメリカ兵の俗称ともされる。また、これに外観を似せた、毛羽立てた毛織物バックスキン・クロスbuckskin clothや同様の綿織物もこの名称でよばれる。[田中俊子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バック‐スキン

〘名〙 (buckskin)
牡鹿の革の表面をけば立たせたもの。また、それに似せて牛・羊などの革をけば立たせたものの総称
※甘い土(1953)〈高見順〉「女の、踵の高いバックスキンの靴が映った」
② 毛織物の一種。縮絨起毛して表面仕上げをし、鹿皮に似た風合を出したもの。
綿織物の一種。緯朱子で五枚または八枚朱子とし、起毛したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android