コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バランカベルメハ バランカベルメハBarrancabermeja

3件 の用語解説(バランカベルメハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バランカベルメハ
バランカベルメハ
Barrancabermeja

コロンビア中北部,サンタンデル州西部の都市。首都ボゴタの北約 270km,マグダレナ川中流部右岸に位置する河港都市。 1536年スペイン人がやってきたときには,この地に木製の柵をめぐらしたインディオの集落ラトラ La Toraがあったが,スペイン人は近くの川岸の急崖にちなんで「朱色の崖」を意味する現市名に改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バランカベルメハ【Barrancabermeja】

コロンビア中部,サンタンデル県にある化学工業都市。人口18万0653(1995)。マグダレナ河畔にある河港で,1958年エッソ石油会社が石油資源の開発を行い,各種石油関連企業を興してから急激に発展した。カルタヘナとともにコロンビアの二大石油化学工業都市を構成していたが,最近原油の生産がとみに減少しており,石油産業以外たいした産業のない同市の発展が憂慮されている。【上谷 博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バランカベルメハ
ばらんかべるめは
Barrancabermeja

南アメリカ、コロンビア北部、サンタンデル県北西部にある都市。ブカラマンガの西120キロメートルマグダレナ川中流右岸に位置する。人口19万5345(1999)。町の名は河岸にある石油を含む赤褐色の崖(がけ)に由来する。コロンビアの石油生産の中心都市で、精油所があるほか、アスファルト、製紙、化学肥料などの工業が立地する。付近には多くの油田がある。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone