コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルト神話 バルトしんわ Baltic mythology

2件 の用語解説(バルト神話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルト神話
バルトしんわ
Baltic mythology

リトアニア人,ラトビア人など,インドヨーロッパ語の一派のバルト語に属する言語を話す諸民族が,キリスト教に改宗する以前に所有していた神話。バルト神界の主神は,北欧神話のトルと酷似した雷神ペルクナスで,このほかに「天の父」と呼ばれる至高神があり,ギリシア神話ディオスクロイやインドのアシュビンなどを思わせる双子の息子をもつと考えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バルトしんわ【バルト神話】

インド・ヨーロッパ語族バルト語派の言語を話す民族であるラトビア人,リトアニア人プロイセン人の神話を指す。バルト地域はヨーロッパに残された最後の異教徒の土地として知られ,12世紀末以来異教撲滅を旗印とするドイツ騎士修道会の侵攻の舞台となった。バルト諸語の文献が現れるのはキリスト教が普及し始める15~16世紀以後のことで,異教時代のバルト神話は完全には保存されていない。しかし13世紀以降ドイツ人修道会士らが伝える各種年代記,教会巡察記録等の古文献には,バルト人が崇拝した異教の神々,祭場,儀式などの,かなり豊富な資料が残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルト神話の関連キーワード印欧語族ゲール語語派サンスクリット語トカラ語バルト語派インドヨーロッパ語族・インド-ゲルマン語族インドアーリア語インド・ヨーロッパ語族バルト・スラブ語同系問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone