コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルト語派 バルトごはBaltic languages

7件 の用語解説(バルト語派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルト語派
バルトごは
Baltic languages

インド=ヨーロッパ語族の一語派。サテム語群に属するとされる。バルト海南東岸地域で話され,属する言語のうち,死語の古期プロシア語を西バルト語といい,リトアニア語ラトビア語 (レット語) ,ならびに死滅したクロニア,セミガリア,セロニアの諸族の古語を東バルト語という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バルト‐ごは【バルト語派】

インド‐ヨーロッパ語族の一語派。スラブ語派に近い。リトアニア語ラトビア語のほかに、古プロイセン語などの死語を含む。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バルト語派【バルトごは】

インド・ヨーロッパ語族に属する語派の一つ。スラブ語派と最も近く,単一のグループを形成した時代があったとする説もある。バルト海沿岸のリトアニア語ラトビア語,17世紀に死滅した古代プロイセン語を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルトごは【バルト語派 Baltic】

インド・ヨーロッパ語族に属する一語派で,現存する二つの言語,すなわちリトアニア語ラトビア語,および死語になった古代プロイセン(プロシア)語(それに若干の方言)からなる。バルト海の南岸にあったプロイセンで17世紀まで話されていた古代プロイセン語バルト語派の西のグループを形成し,東のグループを形成するリトアニア語とラトビア語とは多くの点で違いがある。バルト語派は語彙と文法の面でスラブ語派と近い関係にあり,バルト・スラブ語同系問題を提起している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バルトごは【バルト語派】

インド-ヨーロッパ語族の一語派。リトアニア語・ラトビア語などから成る。スラブ語派との親近性が強い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

バルトごは【バルト語派】

インドヨーロッパ語族に属する語派の一つ。リトアニア語、ラトビア語のほか、死語になった古代プロイセン語などが含まれる。文献資料は比較的新しく15~16世紀以後だが、言語的にはインドヨーロッパ語の古い特徴を保持しており、比較言語学上重要な意味をもつ語派である。スラブ語派との共通祖語を想定しうるかについては未決着の論争がある。◇英語でBaltic。

出典|講談社
世界の主要言語がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルト語派
ばるとごは
Baltic

インド・ヨーロッパ語族に属する一語派。バルト語にはリトアニア語、ラトビア語の二つの生きた言語のほかに、古プロイセン語、ヤトビンジア語、クロニア語、セミガリア語、セロニア語の五つの死語が属する。これら七つの言語のうち文献を残しているのは、リトアニア語、ラトビア語および古プロイセン語の三言語のみであり、他の四つの言語は、文献がまったく残っていないため、外国語文献中に散見される若干の単語や少数の河川名などによってわずかに知られうるにすぎない。
 バルト語は、スラブ語、インド・イラン語、アルメニア語、アルバニア語などとともに印欧語のいわゆるサタム語群に属し、ギリシア語、ラテン語、ゲルマン語、ケルト語などの属するいわゆるケントゥム語群とは異なる方言群に含まれる。バルト語はまた、古代ギリシア語や古代インド語にも劣らぬほどの古い特徴をよく保持しているため、印欧語比較言語学にとって欠かしえない貴重な資料を提供するが、文献の出現は比較的遅い。
 まず、古プロイセン語はバルト語のなかではもっとも古い文献を伝えているが、文献の量はごくわずかで、以下のようなものがあげられる。
〔1〕1400年ごろにつくられたドイツ―古プロイセン単語集。これは802の古プロイセン語の単語(と同数のドイツ語の単語)からなるが、オリジナルなものではなく、写本であると考えられている。
〔2〕シモン・グルナウの単語集。これは16世紀の初めにグルナウSimon Grunau(1530ころ没)によってつくられたもので、100の古プロイセン語の単語(と同数のドイツ語の単語)からなる。
〔3〕1545年に出版された二つの教義問答書。これらはルターの教義問答書の翻訳であるが、訳者は不明である。
〔4〕1561年に出版された教義問答書。本書は主任司祭アベル・ビルAbel Will(1515ころ―75ころ)によるルターの教義問答書の翻訳である。
 次に、リトアニア語は非常に古い特徴を保持しており、かつ生きた言語であるため、比較言語学の観点からとくに重要な言語であるが、文献としては16世紀以後のものしか残されていない。
 16~17世紀の主要な古文献を以下にあげる。
〔1〕1547年に出版されたリトアニア語最古の文献である教義問答書。これはマジビーダスMartynas Mavydas(1563没)によるルターの教義問答書の翻訳である。
〔2〕1579年に出版された教義問答書。これは、マジビーダスの従兄弟(いとこ)であるビレンタスBaltramiejus Vilentas(1525ころ―87)によるルターの教義問答書の翻訳である。
〔3〕ブレトクーナスJonas Bretknas(1536―1602)による聖書の翻訳(1590)。
〔4〕ダウクシャMikalojus Dauka(1613没)による教義問答書の翻訳(1595)とカトリック祈祷(きとう)書の翻訳(1599)。〔5〕シルビーダスKonstantinas irvydas(1579―1631)によるポーランド―ラテン―リトアニア語辞典の出版。これはリトアニア語最初の辞典であり、最近では1620年以前に出版されたとする説が強い。
〔6〕クレイナスDanielius Kleinas(1609―66)によるリトアニア語最初の文法書の出版(1653)。
〔7〕ルター派とカルビン派の聖職者の一団による『新約聖書』の翻訳出版(1701)。『新約聖書』の改訳出版(1727)。以後、宗教的文献だけでなく、辞典類や文法書などが次々に現れ、またドネライチスKristijonas Donelaitis(1714―80)のような優れた詩人や作家も出て、世界的に有名な作品も生まれるようになった。
 最後に、ラトビア語もリトアニア語同様、16世紀以後の文献しか残していないが、ラトビア語最古の文献は、1585年に出版されたカトリックの教義問答書の翻訳であり、ついで1586年にルターの教義問答書の翻訳が現れた。その後、ラトビア語最初の辞典であるラトビア―ドイツ語辞典が1638年に、またラトビア語最初の文法書が1644年にそれぞれ出版された。聖書の翻訳出版はすこし遅れて1685年のことであった。一般に16~17世紀におけるラトビア語の文献は宗教関係のものが主であるが、18世紀以降は文学作品なども多く現れてくる。[矢野通生]
『Chr. S. Stang Vergleichende Grammatik der Baltischen Sprachen(1966, Universitetsforlaget, Oslo) ▽Jnis Endzelns Comparative Phonology and Morphology of the Baltic Languages, translated by William R. Schmalstieg and Benjamin Jegers(1971, Mouton, The Hague, The Netherlands)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone