バルハシ湖(読み)バルハシこ(英語表記)ozero Balkhash

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルハシ湖
バルハシこ
ozero Balkhash

カザフスタン東部にある湖。アルマトイの北方の乾燥地帯に位置し,凸面を北西に向けた三日月形をしている。長さ約 600km,最大幅 74km,周囲 2100km。最大水深 26m。湖面標高は 342mであるが,干魃などの影響で水位の変化が大きく,それに伴って面積も 1万5000~1万9000km2の間で変動する。中央部で南岸から突出した半島により東西にほぼ二分される。西部は幅広く浅く,ほぼ淡水湖であるが,幅狭く深い東部は薄い塩分を含んでいる(約 5‰)。主要流入河川はイリ川,カラタル川,アクス川。11月末~4月中旬は結氷するが,それ以外の時期には定期船が就航する。北岸バルハシ,西岸のムイナラル,南岸のアルガズイに水産加工工場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バルハシ‐こ【バルハシ湖】

Balqaş köliБалқаш Көлі》カザフスタン南東部にある湖。東西に細長く、イリ川などが流入し、西部は淡水、東部は塩水。北岸にバルハシがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バルハシこ【バルハシ湖】

カザフスタン共和国の東部にある湖。東西に細長く、東部は塩湖となり、西部はイリ川などが流入。冬季は結氷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルハシ湖
ばるはしこ
Озеро Балхаш Ozero Balhash 

カザフスタン共和国東部にある湖。バルハシ‐アラコリ構造低地の北~西縁にある。面積は約1万7000~2万2000平方キロメートル、長さ605キロメートル、幅は西部の広い部分で74キロメートル。平均水深6メートル、最深部は26メートル。幅3.5キロメートルのウズイナラル湖峡によって、おもに淡水からなる南西部と塩水からなる東部とに分けられる。イリ川、カラタル川、アクス川、レプサ川、アヤグス川などの河川が流入しているが、湖から流出する河川はない。砂漠~ステップ地帯にあり、年降水量は少ない。周辺に生息する動物は少なく、水鳥と魚類程度。湖は11月末から4月中旬まで結氷する。湖面は航行可能で、ブリルバイタル、ブリルトベと北岸のバルハシに港湾がある。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バルハシ‐こ【バルハシ湖】

(バルハシは Balhaš モンゴル語大湖の意) カザフスタンの南東部にある湖。西部の淡水湖と東部の塩湖とに分かれ、東西に細長い。湖面標高三四〇メートル。最大水深二六・五メートル。イリ川・カラタル川などが流入するが流出河川はない。一一月から翌年四月中旬まで結氷する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報