コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルハシ湖 バルハシこozero Balkhash

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルハシ湖
バルハシこ
ozero Balkhash

カザフスタン東部にある湖。アルマトイの北方の乾燥地帯に位置し,凸面を北西に向けた三日月形をしている。長さ約 600km,最大幅 74km,周囲 2100km。最大水深 26m。湖面標高は 342mであるが,干魃などの影響で水位の変化が大きく,それに伴って面積も 1万5000~1万9000km2の間で変動する。中央部で南岸から突出した半島により東西にほぼ二分される。西部は幅広く浅く,ほぼ淡水湖であるが,幅狭く深い東部は薄い塩分を含んでいる(約 5‰)。主要流入河川はイリ川,カラタル川,アクス川。11月末~4月中旬は結氷するが,それ以外の時期には定期船が就航する。北岸バルハシ,西岸のムイナラル,南岸のアルガズイに水産加工工場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バルハシ‐こ【バルハシ湖】

Balqaş köliБалқаш Көлі》カザフスタン南東部にある湖。東西に細長く、イリ川などが流入し、西部は淡水、東部は塩水。北岸にバルハシがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バルハシこ【バルハシ湖】

カザフスタン共和国の東部にある湖。東西に細長く、東部は塩湖となり、西部はイリ川などが流入。冬季は結氷。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルハシ湖
ばるはしこ
Озеро Балхаш Ozero Balhash 

カザフスタン共和国東部にある湖。バルハシ‐アラコリ構造低地の北~西縁にある。面積は約1万7000~2万2000平方キロメートル、長さ605キロメートル、幅は西部の広い部分で74キロメートル。平均水深6メートル、最深部は26メートル。幅3.5キロメートルのウズイナラル湖峡によって、おもに淡水からなる南西部と塩水からなる東部とに分けられる。イリ川、カラタル川、アクス川、レプサ川、アヤグス川などの河川が流入しているが、湖から流出する河川はない。砂漠~ステップ地帯にあり、年降水量は少ない。周辺に生息する動物は少なく、水鳥と魚類程度。湖は11月末から4月中旬まで結氷する。湖面は航行可能で、ブリルバイタル、ブリルトベと北岸のバルハシに港湾がある。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バルハシ湖の関連キーワードテンシャン(天山)山脈タルドゥイクルガン州タルドゥイクルガンジェズカズガン州タルバガタイ山脈カザフ(民族)ベトパク・ダラベトパク・ダラチョチェク市アルマトイ州ベトパクダラサバクヤマネペチェネグ半乾燥地帯セミレチエイリ[川]アラコリ湖カザフ丘陵イリ盆地淡水湖

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android