コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンギ Bangui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンギ
Bangui

中央アフリカ共和国の首都。河港都市。同国南西部,コンゴ民主共和国との国境をなすウバンギ川西岸に位置。19世紀末フランスの植民地政策の拠点となり,ウバンギシャリ植民地の中心地であった(→フランス領赤道アフリカ)。ウバンギ川舟運の終点で,河川運輸に頼っていた中央アフリカ共和国の貿易中心地として独立後急速に発展。ダイヤモンド,綿花,木材,コーヒー,サイザルアサなどを輸出し,建築資材,工業資材を輸入。石鹸,醸造などの工場や大学がある。コンゴ共和国ポアントノアールブラザビルと鉄道で結ばれている。人口 62万2771(2003)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バンギ(Bangui)

中央アフリカ共和国の首都。コンゴ川支流のウバンギ川に臨む河港都市。旧称ウバンギシャリ。1889年、フランス植民地の前哨基地として建設。木材・コーヒー・ダイヤモンドなどを輸出。人口、行政区47万(1984)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バンギ

中央アフリカ共和国の首都。同国南部,ウバンギ川右岸の河港都市で,対岸にはコンゴ民主共和国のゾンゴがある。カメルーンチャドへの交通の要地で,農産物加工,各種軽工業などが行われる。
→関連項目中央アフリカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンギ【Bangui】

アフリカ大陸中央部,中央アフリカ共和国の首都。人口52万4000(1994)。コンゴ民主共和国(旧,ザイール)との国境をなすウバンギ川(コンゴ川の支流)の河港で,国際貿易の大部分を扱う商業都市である。主要な輸出品はワタ,木材,コーヒー,サイザル麻などの農・林産物で,工業資材や工業製品を輸入する。紡績,食品,ビール,靴,セッケンなどの製造工場があり,ダイヤモンド・カットも行われる。カメルーン,チャドに通じる道路や通信の中心でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バンギ【Bangui】

中央アフリカ共和国の首都。ウバンギ川上流西岸の河港都市。綿花・コーヒーなどを集散。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンギ
ばんぎ
Bangui

アフリカ中央部、中央アフリカ共和国の首都。同国の南に接するコンゴ民主共和国(旧ザイール)との国境を流れる、コンゴ川の支流ウバンギ川に面した河港都市である。人口62万2000(1999推計)。海港をもたない内陸国中央アフリカで、コンゴ共和国のブラザビルとの間に定期航路をもつバンギは、文字どおり同国の政治、経済の中心地である。ここから輸出されるものとしては、木材、コーヒー、カカオ、ダイヤモンドなどがある。バンギとは土地のことばで「急流」を意味する。1890年、ウバンギ川をさかのぼってきたフランス軍は、この地で川の遡行(そこう)をあきらめ基地を築いた。これがバンギの起源で、こののちウバンギ・シャリ植民地の中心地となった。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バンギの関連キーワードスラッシュ・メタル[slash metal]アフリカ・モーリシャス共同機構中部アフリカ関税経済同盟ロシアン・アバンギャルド中央アフリカ共和国の要覧ジェーン・B. ボカサオオナンバンギセルシモン キンバングウバンギ・シャリウバンギ[川]アンフォンドバントゥ語族エンジャメナバラバク海峡ベルベラティウェーベニーボサンゴアハプニングサナギラスキンバング

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンギの関連情報