コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンクシア Banksia; banksia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクシア
Banksia; banksia

ヤマモガシ科低木または高木オーストラリアに 73種が分布するが,そのほとんどがオーストラリア固有種。枝が匍匐するように伸びる種類もある。葉形は多様であるが,鋭い鋸歯や切れ込みが入るものが多い。小さな花が多数穂状に集って,円柱形や球形,円錐形の花序を枝先に頂生する。オーストラリアは自然発火による山火事が起きやすいことで知られるが,種によっては,火事の熱によって果実が裂開して初めて種子をこぼす性質があり,自然環境に合った独特の仕組みで知られる。オーストラリアから切り花が輸入され,珍しい花容なため人気がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バンクシア

ヤマモガシ科の常緑低木または高木で,約50種あるうちニューギニアの1種を除いてすべてオーストラリアに特産耐寒性のある種は日本の暖地でも栽培可能だが,多くは輸入品が切花あるいはドライフラワーとして出回っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンクシア【Australian honeysuckle】

ヤマモガシ科バンクシア属の樹木で,約50種がオーストラリアにあり,1種がさらにニューギニアにまで分布する。常緑の低木または小高木,観賞用としておもに温室で栽培されるものが多いが,耐寒性がある種では西南日本暖地の露地で栽培しうる。葉は互生し,切れ込みのないものから細かく羽裂するものまで種によりさまざまの形態をする。葉裏にはしばしば銀白色の毛がある。花は苞および小苞を伴った筒状の小花で,多数が密集して長さ5~30cmの筒状または楕円球形の穂状花序をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンクシア
ばんくしあ
[学]Banksia

ヤマモガシ科バンクシア属の総称。半耐寒性の高木または低木。オーストラリア原産。葉は、縁(へり)に深い鋸歯(きょし)があるものや波状のもの、表面は緑色で裏面に銀白色の綿毛が密生するもの、羽状分裂形のものなど、種々の形がある。開花期は春から初夏が多く、花もちは長い。花は頂生または腋生(えきせい)し、原産地では地上1メートルくらいから着生する。花穂は長さ10~30センチメートル、太さ5~9センチメートル。花色は橙(だいだい)、黄、赤、紫色などがある。夏季は高温多湿を嫌うので、とくに排水のよい用土を使用する。冬季は2~3℃を維持する。繁殖は実生(みしょう)がよく、挿木は困難である。[吉次千敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バンクシアの関連キーワード硬葉樹林

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android