コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダ諸島 バンダしょとう Kepulauan Banda

3件 の用語解説(バンダ諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダ諸島
バンダしょとう
Kepulauan Banda

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島南部の島群。セラム島南方のバンダ海上にある約 10の小島から成る。火山起源で,グヌンガピ島には活火山がある。 17世紀にオランダ東インド会社ナツメグの栽培を強制,それに抵抗して先住民は絶滅し,付近の島から連行された奴隷によってプランテーション農場が開かれた

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バンダ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【バンダ諸島】

Kepulauan Banda》インドネシア東部、モルッカ諸島南部の諸島。セラム島の南約100キロメートルに位置し、主島バンダロンタール島をはじめ、グヌンアピ島、バンダナイラ島などの火山性の小島が点在する。ニクズク丁子(ちょうじ)などの香料を産する。スキューバダイビングの名所としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダ諸島
ばんだしょとう
Kepulauan Banda

インドネシア東部、モルッカ諸島南部の小島群。バンダ海の北東部、セラム島の南110キロメートルに位置する。主島のバンダロンタールBandalontar島をはじめグヌン・アピGunnung Api、バンダナイラBandanairaなど10の火山性の島々からなる。面積42平方キロメートル。主島は丘陵性の地形をなし、標高520メートルのグヌン・ガピ火山がそびえる。ニクズクの産地として有名で、ほかにチョウジココヤシ、ナツメグなどの熱帯果実や香料を産する。住民はマレー系種族が大部分を占める。中心都市はバンダナイラ。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンダ諸島の関連キーワードイナイ×イナイ/PEEKABOOタカイ×タカイ/CRUCIFIXIONBanda,H.K.banda taurina

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone