コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンバラ族 バンバラぞくBambara

2件 の用語解説(バンバラ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンバラ族
バンバラぞく
Bambara

バンマナ族 Banmanaともいう。マリのニジェール川上流域に住むマンデ諸族の一民族。人口約 270万と推定される。定着農耕民で家畜を飼育しているが,諸階級に分れた技能者がいる。父系相続で,各集団の長はファマと呼ばれ,農耕の祭儀を司る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンバラぞく【バンバラ族 Bambara】

西アフリカ,マリ共和国の西半分の地域に居住するマンデ系の農耕民。人口約170万で,マリでは最も大きな部族である。バンバラ語は言語的には,マリンケ族デュラ族などの言語とマンデ語群を形成している。マンデ語群は西アフリカハウサ語とならび広い分布をもっている。マリにおいても,マンデ諸族は人口の半ば以上を占めており,バンバラ語はフルフルデ(フルベ)語,ソンガイ語タマシェク語(トゥアレグ族の言語)とともに国語に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバンバラ族の言及

【マリ】より

…マンデ系の言語は,西アフリカのハウサ語や,東アフリカのスワヒリ語に匹敵する大きな言語人口を持つ。マリ国内のマンデ諸族Mandeには,バンバラ族(166万),ソニンケ族Soninke(サラコレ族Sarakole)(42万),マリンケ族(30万),カソンケ族Khassonkeなどの農耕民や,交易に従事するデュラDyula商人が含まれる。そのほか,大西洋側語群,ボルタ語群など言語系統の異なる部族のなかで有力なのは,中部のニジェール川が形成する内陸デルタ地域に居住するフルベ(フラニ,プール)族(55万),南部に住むセヌフォ族(43万),東部のニジェール川の大湾曲部に住むソンガイ族(30万),バンディアガラ山地に住むドゴン族(24万),北部の砂漠を生活の舞台とするトゥアレグ族や,その南のサヘル地帯に住むモール族Maureなどである。…

※「バンバラ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone