コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージャー病(読み)バージャービョウ

世界大百科事典 第2版の解説

バージャーびょう【バージャー病 Buerger’s disease】

はっきりした原因がないのに手足の先に治りにくい傷ができ,ときには手足の一部が腐ってくる状態で,特発性脱疽あるいは単に脱疽とも呼ばれる。20~40歳の青壮年の男子に多い。下肢の動脈,とくにひざ以下の動脈が原因不明の炎症によって壁が厚くなり,その場所で血液が固まって内腔が完全につまるために起こる(そのため閉塞性血栓血管炎ともいわれる)。動脈がつまると,手や足の栄養が悪くなり,ふつうは問題にならないようなわずかな刺激でも傷ができ,血液の循環が悪いので治りにくい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バージャーびょう【バージャー病】

主として下肢の動脈に炎症が起き、そこに血栓を生じて血液の循環が悪くなる病気。若年男子に多い。アメリカの医師バージャー(L. Buerger1879~1943)が最初に報告。ビュルガー病。突発性壊疽。閉塞性血栓血管炎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android