コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージャー病 バージャービョウ

4件 の用語解説(バージャー病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バージャー‐びょう〔‐ビヤウ〕【バージャー病】

四肢の血管内に血栓などができて血流が途絶え、その先の組織が壊死(えし)してしまう病気。原因不明。厚生労働省特定疾患の一。米国の外科医バージャー(L.Burger)が報告。閉塞性血栓性血管炎特発性脱疽ビュルガー病

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バージャーびょう【バージャー病 Buerger’s disease】

はっきりした原因がないのに手足の先に治りにくい傷ができ,ときには手足の一部が腐ってくる状態で,特発性脱疽あるいは単に脱疽とも呼ばれる。20~40歳の青壮年の男子に多い。下肢の動脈,とくにひざ以下の動脈が原因不明の炎症によって壁が厚くなり,その場所で血液が固まって内腔が完全につまるために起こる(そのため閉塞性血栓血管炎ともいわれる)。動脈がつまると,手や足の栄養が悪くなり,ふつうは問題にならないようなわずかな刺激でも傷ができ,血液の循環が悪いので治りにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バージャーびょう【バージャー病】

主として下肢の動脈に炎症が起き、そこに血栓を生じて血液の循環が悪くなる病気。若年男子に多い。アメリカの医師バージャー(L. Buerger1879~1943)が最初に報告。ビュルガー病。突発性壊疽。閉塞性血栓血管炎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バージャー病
ばーじゃーびょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バージャー病の関連キーワードかっきりきっかりくっきりけざけざちょっきり何故か何年はっき膝内障遠位型ミオパチー

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バージャー病の関連情報