コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミキュライト vermiculite

翻訳|vermiculite

デジタル大辞泉の解説

バーミキュライト(vermiculite)

蛭石(ひるいし)のこと。
蛭石を高温で焼成した雲母状のもの。多孔質で保水性がよく、園芸で土壌改良材や栽培用土とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バーミキュライト【vermiculite】

(1)雲母系粘土鉱物の一種で,化学成分は(Mg,Ca)0.7(Mg,Fe2+,Al)6.0(Al,Si)8.0O20(OH)4・8H2O。単斜晶系に属し,板状結晶。へき開は{001}に完全。比重2.3,モース硬度1.5。無色,黄色,淡緑色,淡褐色を呈する。黒雲母を含む岩石の風化作用により生成した土壌中に黒雲母の変質物として存在する。また黒雲母,金雲母が酸性岩の接触変成作用や熱水変質作用により変質して生成する場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーミキュライト

蛭石」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーミキュライト
ばーみきゅらいと
vermiculite

雲母(うんも)を主成分とする蛭石(ひるいし)を700℃以上の高温で焼いたもの。製品は多孔質でしかも重量の約6倍もの吸水能力をもつことから、園芸材料として土壌改良や育苗用土、栽培用土の配合資材、挿木用土などに用いられる。[堀 保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバーミキュライトの言及

【ヒル石(蛭石)】より

…急熱するとヒルのようにのびる鉱物で,黒雲母,金雲母,バーミキュライトの中間型である。黒雲母および金雲母が加水分解して生じる。とくに,花コウ岩の風化などによって構成鉱物の黒雲母が分解してカリウムが溶脱し,水分が加わって加水黒雲母となった場合にこの名称で呼ぶ。層状組織をなす結晶構造の底面方向の間隔が,加水作用のため黒雲母の10Åより約14Åに膨張したものである。成分はほぼ(Mg,Fe)3[(Si,Al)4O10](OH)2・4H2O,単斜晶。…

【園芸】より

…大量の切花,鉢物を合理的に生産するために優良種苗を入手し,ビニルハウスや温室をもち越冬期間を短縮する手段がとられている。新技術もとり入れられて栽培用土は赤玉土を基本とはするが,パーライト,バーミキュライト,ピートモスの利用が大きい。素焼鉢に代わってビニル鉢,木箱は発泡スチロール箱に代わり,ときには土なしの水耕栽培による切花も生産されている。…

【配合土】より

…配合土に利用する資材は理化学性がすぐれているだけでなく,病虫害のおそれがなく,軽くて,しかも安価で大量に入手できるものでなければならない。そこで,砂,腐葉土,ピートモス(湿地にミズゴケが堆積してできた泥炭),バーミキュライト(ある種のケイ酸塩鉱物をごく短時間,1000℃で加熱したもの),パーライト(火山岩の一種を1000℃前後の温度で焼いたもの),おがくずなどを用いることが多い。これらの資材の配合割合は栽培者の経験によって決めていたが,近年では,多くの種類の植物に共通して利用できる配合土の調製法が考案されている。…

※「バーミキュライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーミキュライトの関連キーワードヒル石(蛭石)グリンメライトセントポーリアテラリウムアキメネスロベリア培養土断熱材水耕挿木粘土

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーミキュライトの関連情報