コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミヤーン Bāmiyān

大辞林 第三版の解説

バーミヤーン【Bāmiyān】

アフガニスタン中部、ヒンズークシ山脈中の仏教遺跡。高さ55メートルと38メートルの二大石仏立像を含む千を超す石窟寺院址があり、クシャン朝以来の東西文明の融合を示す遺跡として名高い。2001年にイスラム原理勢力のタリバンによって破壊された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーミヤーン【Bāmiyān】

アフガニスタンの中央部,ヒンドゥークシュとコーヒバーバー両山脈の間の東西に長い渓谷中にあり,北はアフガン・トルキスタン(アフガニスタンのうち,ヒンドゥークシュ山脈以北の地域)から中央アジア,東や南はインドに通じ,両世界の接点に位置した。現在はハザラジャートの東の入口に当たる寒村にすぎないが,バーミヤーン川とその支流によって造成されたレキ岩台地の崖面に1kmにわたって,約1000の6~9世紀の仏教石窟が残り,なかでも中心部石窟群の東と西とにそれぞれ38mと55mの大仏立像を彫り出した巨大な龕(がん)は古来有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバーミヤーンの言及

【石仏】より

…8世紀以後のパーラ朝時代には,硬質の玄武岩を用いて複雑な図像の密教的な像などが多く作られ,この時代の石仏はネパール,チベット,東南アジアなどの仏像に大きな影響を与えた。 クシャーナ朝時代のガンダーラの石仏は西隣のアフガニスタンに影響を与え,カーブル北西のバーミヤーンには4~6世紀ころの製作と思われる像高55mと38mの大磨崖仏が現存する。仏教の東漸にしたがい中央アジア諸地方でも仏像は多く作られたが,ここでは石材が少ないために塑像が主流で,石仏の遺品は少ない。…

※「バーミヤーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーミヤーンの関連キーワードヒンドゥークシ[山脈]ヒンドゥークシ山脈アンドレ ゴダールジョゼフ アッカンアフガニスタンガンダーラバーミヤンタリバン石窟寺院樋口隆康磨崖仏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーミヤーンの関連情報