コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミヤーン Bāmiyān

3件 の用語解説(バーミヤーンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

バーミヤーン【Bāmiyān】

アフガニスタン中部、ヒンズークシ山脈中の仏教遺跡。高さ55メートルと38メートルの二大石仏立像を含む千を超す石窟寺院址があり、クシャン朝以来の東西文明の融合を示す遺跡として名高い。2001年にイスラム原理勢力のタリバンによって破壊された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バーミヤーン

アフガニスタン,カブールの西方,ヒンドゥークシ山脈の渓谷にある仏教遺跡。インド中央アジア西アジアの交通路の要衝に当たる。絶壁に彫られた高さ38mと55mの巨大な石仏を中心に多数の石窟が掘られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーミヤーン【Bāmiyān】

アフガニスタンの中央部,ヒンドゥークシュとコーヒバーバー両山脈の間の東西に長い渓谷中にあり,北はアフガントルキスタン(アフガニスタンのうち,ヒンドゥークシュ山脈以北の地域)から中央アジア,東や南はインドに通じ,両世界の接点に位置した。現在はハザラジャートの東の入口に当たる寒村にすぎないが,バーミヤーン川とその支流によって造成されたレキ岩台地の崖面に1kmにわたって,約1000の6~9世紀の仏教石窟が残り,なかでも中心部石窟群の東と西とにそれぞれ38mと55mの大仏立像を彫り出した巨大な龕(がん)は古来有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバーミヤーンの言及

【石仏】より

…8世紀以後のパーラ朝時代には,硬質の玄武岩を用いて複雑な図像の密教的な像などが多く作られ,この時代の石仏はネパール,チベット,東南アジアなどの仏像に大きな影響を与えた。 クシャーナ朝時代のガンダーラの石仏は西隣のアフガニスタンに影響を与え,カーブル北西のバーミヤーンには4~6世紀ころの製作と思われる像高55mと38mの大磨崖仏が現存する。仏教の東漸にしたがい中央アジア諸地方でも仏像は多く作られたが,ここでは石材が少ないために塑像が主流で,石仏の遺品は少ない。…

※「バーミヤーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーミヤーンの関連情報