コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーン・ジョーンズ バーンジョーンズ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーン・ジョーンズ
ばーんじょーんず
Sir Edward Coley Burne-Jones
(1833―1898)

イギリスの画家、デザイナー。バーミンガムに生まれ、聖職者を志してオックスフォードのエクセター・カレッジに入学。そこで生涯の友ウィリアムモリスと出会う。その後、ロセッティの作品に強い感銘を受け、画家になる決意を固めた。初期の作品にはその影響が強く表れているが、1859年から数度にわたるイタリア旅行ボッティチェッリマンテーニャの作品に傾倒。アーサー王伝説ギリシア神話に取材した夢幻的な作品を制作し、後期ラファエル前派の代表的な画家となった。またモリス商会のために、ステンドグラスタペストリーの下絵を手がけ、モリス創設の印刷所ケルムスコット・プレスの挿絵も描いた。ロンドンに没。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バーン・ジョーンズの関連情報