コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロフィライト パイロフィライトpyrophyllite

3件 の用語解説(パイロフィライトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイロフィライト
パイロフィライト
pyrophyllite

葉蝋石ともいう。 Al2(Si4O10)(OH)2単斜晶系の鉱物。比重 2.65~2.90,硬度1~2。真珠光沢。透明。白色ときに黄色,淡青色,帯灰または帯褐緑色など。劈開{001}に完全。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パイロフィライト【pyrophyllite】

含水層状アルミノケイ酸塩(フィロケイ酸塩)鉱物の一種。葉蠟(ようろう)石とも呼ぶ。化学成分はAl2Si4O10(OH)2。単斜晶系の微細葉片状結晶となるが,多くはさらに細かい結晶が集合して塊状となり,粘土鉱物の一種として取り扱われる。へき開{001}に完全,比重2.65~2.90,モース硬度1~2。白~帯褐緑色。比較的低温・低圧の熱水作用により生成される場合が多く,日本では蠟石鉱床を形成して産出することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

パイロフィライトの関連キーワード緑レン(簾)石カリミョウバン(明礬)トパーズ複塩焼ミョウバン(明礬)陶土ミョウバンカオリナイト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone