コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルゼン Paulsen, Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルゼン
Paulsen, Friedrich

[生]1846.7.16. ランゲンホルン
[没]1908.8.14. ベルリン
ドイツの哲学者,教育学者。 1878年ベルリン大学助教授,93年同大学教授。 B.スピノザ,I.カント,G.フェヒナー,W.ブントの影響を受けた。倫理学を哲学の根本とし,形式的倫理学に対して「活動主義」の立場に立った。教育学的には実学主義の立場に立ち,ドイツの教育界,教育制度に与えた影響は大きい。主著『中世から現代までのドイツの学校教育と大学教育の歴史』 Geschichte des gelehrten Unterrichts auf den deutschen Schulen und Universitäten vom Ausgang des Mittelalters bis zur Gegenwart (2巻,1885~96) ,『倫理学大系』 System der Ethik (2巻,89) ,『哲学概論』 Einleitung in die Philosophie (92) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パウルゼン

ドイツの哲学者,教育学者。ベルリン大学教授。著作は《倫理学体系》(1889年),《哲学入門》(1892年),《教育学》(1909年)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パウルゼン【Friedrich Paulsen】

1846‐1908
ドイツの哲学者,教育学者。ベルリン大学教授として,19世紀末のドイツ思想界で活躍した。彼は,世界の根拠を〈精神〉とし,その自己顕現を現実世界とみるドイツ観念論の伝統に立つ。そしてその顕現のための活動(教養)としての人間の歴史的生(文化)の完成を説いて,科学と産業の実利主義に脅かされはじめたドイツのなかで〈精神〉を擁護した。おもな著書は《倫理学体系》(1889),《哲学入門》(1892),《教育学》(1909)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パウルゼン
ぱうるぜん
Friedrich Paulsen
(1846―1908)

ドイツの哲学者、倫理学者、教育学者。ベルリン大学教授。フェヒナーの影響を受けた心霊主義的、有機的宇宙論の哲学のうえに、カント、ショーペンハウアーなどをも発展的に継承しようと試みた。新カント派の論理主義の陰に隠れて、傍流の心理主義とみなされがちだが、彼の思想はむしろ生の哲学の一形態、あるいはフランスの新心霊主義やイギリスの新理想主義に平行する動きとして再評価されるべきであろう。[坂部 恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パウルゼンの関連キーワードアクセルパウルゼンジャンプトリプルアクセルアクセルジャンプ人形使いのポーレシュプランガー7月16日アクセル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android