コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスコリ パスコリ Pascoli, Giovanni

6件 の用語解説(パスコリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスコリ
パスコリ
Pascoli, Giovanni

[生]1855.12.31. サンマウロディロマーニャ
[没]1912.4.6. ボローニャ
イタリアの詩人。 12歳のとき父親が暗殺され,以後次々に家族の死にあった。早くから社会主義思想に近づき,ボローニャ大学在籍中インターナショナルに加わり,投獄された。釈放後は一切の政治運動を離れ,学業に没頭,カルドゥッチの跡を継いで母校のイタリア文学教授となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パスコリ(Giovanni Pascoli)

[1855~1912]イタリアの詩人。自然の美などを描いた幻想的な叙情詩は、多くのイタリア現代詩人に影響を与えた。また、古代の神話や原始キリスト教の伝統にも深い関心を示した。作「御柳(ぎょりゅう)」「饗宴(きょうえん)詩集」、論考「暗きミネルバ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パスコリ

イタリアの詩人。12歳の時,農園の管理人であった父親が暗殺されたほか,姉や母親を相ついでなくして苦しい生活を強いられた。幼年期に体験した農村での生活と死の悲しみが詩人の心に残り続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パスコリ【Giovanni Pascoli】

1855‐1912
イタリアの詩人。10人兄弟の第4子として生まれたパスコリの,イタリア中部田園での平穏な少年時代は,11歳のとき,狙撃による父の死によって一挙に暗転し,翌年には母と長姉を,数年後さらに次兄と長兄を失うという相次ぐ不幸によって一家は離散した。苦学して,カルドゥッチが教鞭をとるボローニャ大学文学部に進んだ。1879年,社会主義に共鳴したパスコリは示威行動に参加して逮捕され,3ヵ月半の拘留をうけ,以後は政治活動から遠ざかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パスコリ【Giovanni Pascoli】

1855~1912) イタリアの詩人。自然の風物や田園の日常を追憶と幻想のうちに描く抒情詩によって、人文主義の伝統的修辞から決別。モンターレをはじめ多数のイタリア現代詩人に影響を与えた。代表的詩集「ミリーチェ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パスコリ
ぱすこり
Giovanni Pascoli
(1855―1912)

イタリアの詩人。ダンヌンツィオと並びイタリア現代詩の出発点となった巨星。12月31日、イタリア中部の田園地帯で10人兄弟の第4子として生まれる。彼の平穏な少年時代は、11歳のとき、農場の管理人をしていた父親が狙撃(そげき)され死んだことから一挙に暗転し、翌年には長姉と母が死亡し一家は離散、数年後さらに次兄と長兄を失った。この相次ぐ不幸はパスコリの人生と芸術に深い刻印を押した(ちなみに、亡き父に捧(ささ)げられた処女詩集『ミリーチェ』では「死者たちの日」という詩が巻頭に置かれている)。そのためパスコリは家族の「巣」の再建に腐心し、1887年、妹2人を呼び寄せ、やがてはルッカに近いカステルベッキオの田園に家を購入し、そして陰に陽に彼を支えた妹マリーアとの生活が終生続いた(マリーアには大冊の伝記『G・パスコリの生涯に添って』1961、がある)。苦学してボローニャ大学へ進み、在学中、社会主義の運動に参加して逮捕、投獄された。大学卒業後、高校、大学のギリシア・ラテン語教師として国内を転々とし、1906年、恩師カルドゥッチの後任として母校ボローニャ大学のイタリア文学教授の椅子(いす)についた。12年4月6日、ボローニャにて死去。
 彼の詩作品は大部分が小冊子や雑誌に片々と発表された。1891年刊行の処女詩集『ミリーチェ(御柳(ぎょりゅう)集)』(決定版1903)から、パスコリの詩の核となるモチーフは顕著であった――もっとも妙(たえ)なる瞬間を截(き)りとったような田園の風物、「鳥のはばたき、糸杉のそよぎ、はるかな鐘の響き」のなかに、あの葬儀の場景が彼のまぶたの裏に焼き付いているかのように、死の気配が忍び寄っている。そして『小詩集』(1897。のち『初期小詩集』と『新小詩集』に分かれる)、亡き母に捧げた『カステルベッキオの歌』(1903)、古典に材を求め蘇生(そせい)させた『饗宴(きょうえん)詩集』(1904)と続く詩集の刊行によって詩人として絶頂を極めた。ほかに、没後刊行のものを含めて4冊の詩集、国際コンクールで何度も栄誉に輝いたラテン語による詩の集成『カルミーナ』(没後1930刊)、散文に『暗きミネルバ』(1898)のほか『神曲』をめぐる研究三部作、論集『思念と叙説』(1907)などがある。[古賀弘人]
『坪内章訳『ミリーチェ(抄)』(『世界名詩集大成14』所収・1962・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パスコリの関連キーワードカンパーナイタリアン猶子アンドレア・シェニエイタリア 150イタリア 150 トリオ三人兄弟三人息子ワーズワースの生家クアジモド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パスコリの関連情報