コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッシェン=バック効果 パッシェン=バックこうかPaschen-Back effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッシェン=バック効果
パッシェン=バックこうか
Paschen-Back effect

原子や分子スペクトル線を発光または吸収する際,磁場の中に置かれると一般にそのスペクトル線が数本に分れるが (ゼーマン効果 ) ,特に強い磁場の中では分れ方や強度が,弱い磁場の場合とは異なった様子を示す。この現象をパッシェン=バック効果という。これは磁場の強さに応じて,原子や分子内でのいろいろな角運動量の結合の仕方が違ってくるのが原因である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パッシェンバックこうか【パッシェン=バック効果 Paschen‐Back effect】

原子スペクトルのゼーマン効果において,磁場を十分強くすると分裂線の構造が一定の単純なパターンに近づく現象(図)。1912年,ドイツのパッシェンLouis Carl Heinrich Friedrich Paschen(1865‐1947)とバックErnst Back(1881‐1959)が発見した。電子は軌道角運動量のほかにスピンをもつので,弱磁場での発光スペクトルは,一重項間の遷移以外は,異常ゼーマン効果と呼ばれる複雑な構造を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android