コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトロキニウム patrocinium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パトロキニウム
patrocinium

古代ローマの有力者 (パトロヌス patronus) と下層民の間の保護,被保護関係。法的な,あるいは慣習上の社会関係をさし,有力者,保護者と庇護民,保護者と被解放奴隷,被保護都市,また文人などの芸術家との間に結ばれた。芸術家を保護した例としてはウェルギリウスらを援助した G.マエケナスが有名。庇護民は有力者の援助を受けて彼を見返りに投票で支持したり,私兵として働くこともあった。また租税の支払えなくなった農民は,保護者に土地所有権を提出し,その土地のコロヌスとなる。有力者はこの関係を土地獲得の手段として暴力によって推進することが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パトロキニウム【patrocinium】

古代ローマにおける,法の枠外の,上下の保護・隷属関係。本来は,また狭義には,一種の身分的存在たるクリエンテス(被保護者)とそのパトロンとの信義(フィデスfides)を紐帯とする関係を指すが,しだいにそれと並んで,またそれに代わって政治・社会生活全体を覆う,恩義と奉仕の関係としてのパトロキニウムが発展してゆく。とりわけ共和政中期以降,末期にかけては,都市共同体や属州との関係,法廷での弁護を軸とする関係,将軍と兵士の間にみられる軍事的な上下関係などをも指すことになり,有力政治家とくに貴族,その中でもノビリスの政治生活を支える権力基盤となるとともに,法的な諸関係と絡みながら広くローマの地中海支配の支柱となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パトロキニウム
ぱとろきにうむ
patrociniumラテン語

古代ローマ社会における一種の親分・子分の関係。親分をパトローヌスpatronus(パトロン)、子分をクリエンスcliensといい、この関係をパトロンの側からはパトロキニウム、子分の側からはクリエンテラclientelaとよぶ。古く十二表法にも現れる社会関係で、共和政時代中期以後も、社会的な強者と弱者との相互利用の関係は、上層民相互の関係から上層・下層の関係に至るまで、公私の生活の顕著な側面をなした。相互を結ぶ信義fidesを破ることは背徳とされ、大きなパトロキニウムを擁することは威信を表すと考えられた。ローマ有力者のパトロキニウムは、ローマ勢力の拡大とともに地中海世界を覆い、ローマ皇帝は全帝国民の最大のパトロンであった。農民が土地を有力者に寄進して小作人となり、その保護によって抑圧者から身を守るなど、この関係は古代末期にも存続したが、これを西洋中世封建制の一つの源とする説もある。[吉村忠典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパトロキニウムの言及

【クリエンテス】より

…市民としてのクリエンテスの経済的上昇に伴い,この上下の保護・隷属関係における隷属性の厳しさも,前5世紀以降次第に緩んでゆく。しかしそれとともに,広くローマ社会全体を覆うものとしての新しい型の保護・隷属,奉仕と恩恵の相互関係たるパトロン―クリエンテス関係が生まれてきて,貴族制社会を支え,ローマの政治を動かすものとなった(パトロキニウム)。このようにして,共和政中期以降は,クリエンテスとは,一方で従者・庇護民・食客・被弁護人・解放奴隷を指し,他方では個人から都市共同体・属州まで広くパトロキニウム関係に含まれるものを指すことになる。…

※「パトロキニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パトロキニウムの関連キーワード母音交替

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android