コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンジェ パンジェPinget, Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンジェ
Pinget, Robert

[生]1919.7.19. ジュネーブ
[没]1997.8.25. アンドルエロアール,ツール
フランスの小説家,劇作家。ベケットの流れをくみ,世界の不条理を描く。小説に『バガ』 Baga (1958) ,『異端糾問』L'Inquisitoire (62,批評家賞) ,『誰か』 Quelqu'un (65,フェミナ賞) ,『ソンジュ氏の夢』 Monsieur Songe (82) ,戯曲に『ここ,あるいはよそ』 Ici ou ailleurs (61) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンジェ
ぱんじぇ
Robert Pinget
(1919―1997)

フランスの小説家、劇作家。スイスのジュネーブに生まれる。弁護士、ついでパリで画家となったのち、『ファントワーヌとアガパのあいだ』(1951)から文筆に転向。おもにこの二つの架空の土地を舞台に、同一人物の再登場による反‐人間喜劇の世界を作りあげた。ヌーボー・ロマンの名でよばれるとおり、伝統的な物語形式の解体からまず出発した。『マユあるいは素材』(1952)、『審問』L'Inquisitoire(1963。フェミナ賞、1965)など、小説、調書、旅行記、回想録のいわばパロディーとして、すべての形式がかならず破産し、事件や心理がやがて一見でたらめなことばで寸断される。ところがそこに解体を目ざすことばの運動も産み出されてくる。それが語りのすべてであり、語る前には何物も存在しない。パンジェはこの言語主義にますます傾斜しつつ、『パッサカリア』(1969)、『あの声』(1975)など、表現の頓挫(とんざ)をめぐる悲劇的ユーモアを執拗(しつよう)に実現した。後期の代表作は『ソンジュ氏』(1982)で、これはなかば惚(ぼ)けかけた老人を主人公に、もう何一つ意味のあることを書けないのに、それでも白紙を文字で埋め続ける日常を描いている。以後、死の直前まで、この作者の分身のような老人の登場する短編を書きついだ。『クランク』(1960)などの戯曲は1987年のアビニョン演劇祭で連続上演された。20世紀フランスでもっとも特異で謎めいた作家の一人と評されている。[江中直紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パンジェの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンジェの関連情報