コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PanSTARRS パンスターズPan-STARRS

2件 の用語解説(PanSTARRSの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パン‐スターズ【Pan-STARRS】[Panoramic Survey Telescope And Rapid Response System]

Panoramic Survey Telescope And Rapid Response System》4台の望遠鏡で継続的に全天観測を行い、地球に衝突する恐れがある天体を発見する国際プロジェクト。2008年、米国・英国・ドイツ・台湾の大学や研究機関による共同運用が始まった。ハワイ島のマウナケア山、ハレアカラ山に口径1.8メートルの望遠鏡を合計4台設置し、24等級までの明るさの天体を検出する。危険な天体を監視する以外に、小惑星、彗星、変光星太陽系外惑星、星の固有運動など、天文学上のさまざまな知見が得られると期待されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンスターズ
ぱんすたーず

地球接近天体の監視観測計画。アメリカハワイ大学、マサチューセッツ工科大学による共同計画で、ドイツイギリス、台湾の大学や研究機関も参加している。Pan-STARRSと表記し、Panoramic Survey Telescope and Rapid Response Systemの略称。4台の口径1.8メートルの望遠鏡により、全天の4分の3の領域を継続的に観測し、地球に衝突するおそれのある小天体の発見や突発的天体現象の発見を目ざす。望遠鏡はハワイハレアカラ山とマウナ・ケア山に建設される予定であるが、プロトタイプといえるPS1の設置がハレアカラ山頂にすんでおり、2008年から稼動している。2013年にはPS2の稼動が予定されている。一つの望遠鏡に約14億画素のCCD電荷結合素子)が装備され、視野として3度という大きな画角をもち、24等級までの星を非常に効率よく観測できる。将来的には1か月に4回程度、全天を観測できる予定である。この継続的(時系列)なデータを解析することにより、以下の成果が期待されている。小惑星の発見(とくに地球に近づくおそれのある地球近傍小惑星探査)、彗星(すいせい)の発見、太陽系外縁天体の観測、変光星(とくにセファイド型変光星や食変光星)の観測、Ia型超新星の発見・観測、γ(ガンマ)線バースト天体の残光観測、食検出法などによる太陽系外惑星の発見などである。
 2013年の春に肉眼彗星になったパンスターズ彗星の発見(2011年6月)で有名になった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

PanSTARRSの関連キーワード欧州図書館パンスターズパンスリットカメララトゾルアジア航測万国図CPSRPS山本 荘毅

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone