コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンチカードシステム パンチカードシステムpunch-card system; PCS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンチカードシステム
punch-card system; PCS

コンピュータに命令やデータを読込ませる方法の一種。パンチカードコンピュータにかけて,電気的または機械的に検出する方式。直接,人間が鍵盤 (キー) をたたいて入力する方法もあるが,これは,即時性はあるが速度に限度があり,一度に多くの情報を扱うのには向かない。このため,カード,紙テープ磁気テープなどによって入力する方法が多く用いられる。このカードをパンチカードといい,90桁の丸孔式と,80桁の角孔式の2種類があり,80桁のものが普通。穿孔カードは,データの追加,訂正がカード単位で行えるので便利である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パンチカードシステム

punch card system,略称PCS。せん孔カード会計方式またはせん孔カード統計会計組織とも。事務作業の機械化の代表的な方式の一つ。一定規格のカードを用い,二進法の方式でコード化された情報をカード上の所定の位置をせん孔するかしないかで記憶させ,このせん孔カードを一連の機械にかけて分類,集計,計算などの作業を行わせるもの。
→関連項目IBM[会社]EDPS会計機機械化会計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンチカードシステム
ぱんちかーどしすてむ
punched card system

カードに穿孔(せんこう)されたデータを処理するシステム。略してPCSともいう。コンピュータが普及する前に用いられたシステムで、分類機sorter、照合機collator、作表機tabulatorといった単体の機械を使用した。パンチカードシステムは、1890年に行われたアメリカの国勢調査の集計に、ホレリスが考案したパンチカードおよび電気作表システムが用いられたのが最初である。パンチカードは、その後、コンピュータの入出力媒体として用いられるようになり、コンピュータの普及に役だった。なお、ホレリスは、パンチカードを用いた統計機械を開発・製造するタビュレイティング・マシン社を設立したが、この会社が1924年インターナショナル・ビジネス・マシンズ・コーポレーションとなり、今日のIBMへと発展した。広く用いられていた80欄カードをIBMカードとよんだり、12段ある穿孔位置を用いて英字、数字および特殊記号を表現するためのコードをホレリスコードとよんだりするのは、このような歴史的理由による。[土居範久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンチカードシステムの関連情報