コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンチカードシステム パンチカードシステム punch-card system; PCS

3件 の用語解説(パンチカードシステムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンチカードシステム
パンチカードシステム
punch-card system; PCS

コンピュータに命令やデータを読込ませる方法の一種。パンチカードコンピュータにかけて,電気的または機械的に検出する方式。直接,人間が鍵盤 (キー) をたたいて入力する方法もあるが,これは,即時性はあるが速度に限度があり,一度に多くの情報を扱うのには向かない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パンチカードシステム

punch card system,略称PCS。せん孔カード会計方式またはせん孔カード統計会計組織とも。事務作業の機械化の代表的な方式の一つ。一定規格のカードを用い,二進法の方式でコード化された情報をカード上の所定の位置をせん孔するかしないかで記憶させ,このせん孔カードを一連の機械にかけて分類,集計,計算などの作業を行わせるもの。
→関連項目IBM[会社]EDPS会計機機械化会計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンチカードシステム
ぱんちかーどしすてむ
punched card system

カードに穿孔(せんこう)されたデータを処理するシステム。略してPCSともいう。コンピュータが普及する前に用いられたシステムで、分類機sorter、照合機collator、作表機tabulatorといった単体の機械を使用した。パンチカードシステムは、1890年に行われたアメリカの国勢調査の集計に、ホレリスが考案したパンチカードおよび電気作表システムが用いられたのが最初である。パンチカードは、その後、コンピュータの入出力媒体として用いられるようになり、コンピュータの普及に役だった。なお、ホレリスは、パンチカードを用いた統計機械を開発・製造するタビュレイティング・マシン社を設立したが、この会社が1924年インターナショナル・ビジネス・マシンズ・コーポレーションとなり、今日のIBMへと発展した。広く用いられていた80欄カードをIBMカードとよんだり、12段ある穿孔位置を用いて英字、数字および特殊記号を表現するためのコードをホレリスコードとよんだりするのは、このような歴史的理由による。[土居範久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンチカードシステムの関連キーワードダブルパンチみつわ CARDcard boardcourt card《The Japan Punch》punch biopsyPunchMaster CardVisa Cardvisiting card

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンチカードシステムの関連情報