コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーキン パーキン Perkin, Sir William Henry

6件 の用語解説(パーキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーキン
パーキン
Perkin, Sir William Henry

[生]1838.3.12. ロンドン
[没]1907.7.14. ミドルセックス,サドベリー
イギリス有機化学者。王立化学大学に入学し (1853) ,A.ホフマンに師事。ホフマンの助手として,キニーネの合成研究中に,染料アニリン・パープル,チリアン・パープル (モーベイン) を発見し,1856年特許を取って,最初の合成染料工業を起した (57) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パーキン(William Henry Perkin)

[1838~1907]英国の有機化学者。アニリンから赤紫色の染料モーブの合成に成功。合成染料の工業化を推進し、天然香料の合成にも先鞭をつけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パーキン

英国の有機化学者。A.ホフマンに学ぶ。1856年キニーネの合成を企て,偶然に紫色染料(モーブ)を得,合成染料工業の先駆者となった。またパーキンの反応を発見し,この反応によりクマリンを合成,天然香料の合成にも貢献。
→関連項目石炭化学染料モーブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パーキン【William Henry Perkin】

1838‐1907
イギリスの化学者。ロンドンに生まれる。幼少より化学実験に興味をもち,15歳で王立化学大学のA.W.ホフマンに師事した。マラリア特効薬キニーネの合成を師より示唆され,1856年アリルトルイジンを重クロム酸塩で酸化したとき,偶然絹を薄紫色に染める色素(モーブmauve)を発見した。この思いがけない発見が,合成染料の研究開発化学工業の幕あけとなった。57年ロンドン近くのグリーンフォード・グリーンに工場を設け,石炭からとれるアニリンを使用して,モーブの工業的生産に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パーキン【William Henry Perkin】

1838~1907) イギリスの有機化学者。最初のアニリン染料モーブを合成、以後各種アニリン染料の合成と工業的生産を開始。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーキン
ぱーきん
Sir William Henry Perkin
(1838―1907)

イギリスの化学者、技術者。合成染料モーブの工業的製造、パーキン反応の発見で有名。近代有機化学工業の創生期の担い手の一人。ロンドンの生まれ。王立化学学校でホフマンに学び、のちにその助手をつとめた。自宅にも小実験室をもち、種々の化学実験を行った。18歳のときに、アニリンからキニーネの合成を試みている最中、偶然に美しい赤紫色の化合物を発見した(1856)。それは新発見ではなかったが、あまりにもきれいな物質であったので、染料としての利用を考えて特許をとった。それがいわゆるモーブである。さらに彼はモーブの工業的製造を思い立ち、学校を退職してグリーンフォードに工場を建設した。製造工程は粗製ベンゼンの精製・ニトロ化・還元・酸化・精製からなり、初めての工業化が出会うさまざまな困難がそこにあった。その仕事にパーキンは、彼の技術者としての力量を大いに発揮した。これがイギリスにおける合成染料工業の始めであった。ついで1869年にはアントラセンから染料アリザリンを合成し、特許を申請した。しかしドイツグレーベらに1日の後れをとり、ヨーロッパ大陸における特許権の掌握に失敗した。この事実は、ドイツの合成染料工業がようやくイギリスに肉迫したことを物語るものであった。
 このあと1874年に彼は染料の製造をやめ、化学者に戻った。化学者の仕事としては、1875年に芳香族アルデヒドと脂肪酸ナトリウムに無水酢酸を作用させて芳香族不飽和酸を合成する方法(パーキン反応)を発見した。またこの方法によってサクラの葉の芳香成分であるクマリンを合成した。これは天然香料合成の先例である。さらに化合物の構造と磁場における旋光性との関係などの有機化学の重要な分野を開拓して、化学者として大成した。1906年にはモーブ発見50年祭が催され、ドイツ、フランスの化学会から賞牌(しょうはい)、イギリスからサーの称号が贈られた。2人の息子ウィリアムWilliam Henry Perkin Jr.(1860―1929)とアーサーArthur George Perkin(1861―1937)も有機化学者である。[川又淳司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパーキンの言及

【環式化合物】より

…飽和炭素鎖も環をつくる可能性はそれに遅れて指摘された。1883年ころパーキンWilliam Henry Perkin(1860‐1929。合成染料工業の創始者として有名なパーキンの同名の息子)は,シクロペンタン誘導体の合成に成功し,初めて脂環式化合物の化学を導入した。…

【アニリン】より


[利用]
 アニリンはベンゼンとともに有機化学および合成化学工業上,大きな役割を果たしている。とくに染料合成は,1856年イギリスのW.H.パーキンが不純なアニリンを重クロム酸塩と硫酸で酸化して紫色の色素モーブを得たことに始まる。ついでナタンソンJ.Natansonもアニリンからマゼンタ(フクシン)を合成し,当時の合成染料はアニリンを原料とするところからアニリン染料と呼ばれていた。…

【環式化合物】より

…飽和炭素鎖も環をつくる可能性はそれに遅れて指摘された。1883年ころパーキンWilliam Henry Perkin(1860‐1929。合成染料工業の創始者として有名なパーキンの同名の息子)は,シクロペンタン誘導体の合成に成功し,初めて脂環式化合物の化学を導入した。…

【コールタール】より

…昔は木材の防腐剤などの用途しかなかったが,コールタールの成分に関する化学的研究が進むにつれ,その工業的な利用の道がしだいに開かれ,19世紀から20世紀前半にかけては,コールタールを中心とする石炭化学は有機合成化学工業の花形として不動の地位を占めていた。 コールタールの化学成分の研究を回顧すれば,1819年にA.ガーデンがナフタレンを発見,また45年にA.W.vonホフマンがベンゼンの分離に成功したのをはじめとして,56年にはW.H.パーキンがコールタールから初めてふじ色の染料モーブ(アニリン紫)の合成に成功した。これらに続いて19世紀後半からは合成染料,医薬品工業が発展し,コールタールはその基礎原料として不可欠の重要な資源となったのである。…

【染色】より

…さらに18世紀半ばになると天然のインジゴを化学的に発煙硫酸でスルホン化する技術が発見された。1856年W.H.パーキンがアニリンを酸化して得た最初の動物繊維用赤紫色染料モーブMauveを発明,次いで59年に赤色塩基性染料マゼンタが合成され,以後合成染料時代の幕開けを迎えた。それにより人類は天然染料として所有していた藍,茜などとまったく同一の染料を合成化学の手法で手に入れたばかりでなく,数多くの新染料を創出し現在に至っている。…

【染料】より

…これが空気酸化されて生成するインジゴをさらに発酵により還元させインジゴホワイト(白藍)とし,染色後,空気酸化して青い染色物を得るが,このような複雑な化学反応を含む技術を古代より人類がもっていたことは驚くべきことである。合成染料の誕生は1856年にイギリスの化学者W.H.パーキンがアニリンの酸化により赤紫色色素を発見し,モーブmauveと名づけて57年より工業化したことに始まる。
[染料の名称と分類]
 染料は商品名(または慣用名)およびカラーインデックス名Colour Index Name(略号C.I.名)で呼ばれる。…

【トリフェニルメタン染料】より

…また塩基性染料であるため,一般には分子内の1個のアミノ基はカチオン(陽電荷)となっているのが普通であるが,スルホン酸基をもつアニオン型の酸性染料もある。歴史的には1856年W.H.パーキンが最初に発見したモーブなる染料もこの近縁とみられるので非常に古い。色が鮮明で濃色の反面,染色堅牢度が低いのが特徴であったが,塩基性染料のあるものはアクリル繊維を美麗に染め,また耐光性も高いことが見いだされた。…

※「パーキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パーキンの関連キーワードクルックスジェフリーズメノンロンドン交響楽団ニュー・ロンドン・コンソートロンドン・クラシカル・プレイヤーズロンドン・シンフォニエッタロンドン橋落ちたリトルフバリント

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーキンの関連情報