コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーシング パーシング Pershing, John Joseph

4件 の用語解説(パーシングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーシング
パーシング
Pershing, John Joseph

[生]1860.9.13. ミズーリ,ラクリード
[没]1948.7.15. ワシントンD.C.
アメリカの陸軍軍人。 1886年陸軍士官学校卒業。インディアン討伐戦争,アメリカ=スペイン戦争などに参加し,1905年日本に駐在武官として勤務した。日露戦争では観戦武官として日本軍に従軍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パーシング
パーシング
Pershing

アメリカ陸軍の地対地戦術用弾道ミサイル。 II型はソ連のSS-20ミサイルに対抗するため 1982年 12月からヨーロッパに配備された。射程は SS-20より短いが,終末誘導にレーダ地形照合誘導装置を使い,CEP (半数必中界) 45mという高い命中精度を誇った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パーシング

米陸軍の火力支援用の弾道ミサイルで,I型とその改良型II型とがある。射程はI型が約740km,II型が約1800kmあるが,中距離核戦力全廃条約の締結により廃棄される。
→関連項目INF短距離弾道ミサイル中距離弾道ミサイル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パーシング【John Joseph Pershing】

1860‐1948
第1次世界大戦におけるアメリカ派遣軍American Expeditionary Forcesの司令官。士官学校卒業後騎兵隊に入り,日露戦争に際しては観戦武官を務め,1917年少将,ヨーロッパ派遣軍の司令官に任命された。アメリカ軍は彼の主張により,ヨーロッパ連合軍の指揮下に入らず,独立の組織として戦った。彼の頑固さは有名で,ワシントンD.C.の陸軍省,参謀本部とも摩擦を起こしたが,19年,合衆国軍元帥の称号を受け,21年より参謀総長を務め,24年退職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パーシングの関連キーワード海戦連合軍ロンメルアメリカンラテンアメリカにおける想像と暴力アメリカ アメリカコンバット!パックス・アメリカーナ(parabolic)《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーシングの関連情報