コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーシング Pershing, John Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーシング
Pershing, John Joseph

[生]1860.9.13. ミズーリ,ラクリード
[没]1948.7.15. ワシントンD.C.
アメリカの陸軍軍人。 1886年陸軍士官学校卒業。インディアン討伐戦争,アメリカ=スペイン戦争などに参加し,1905年日本に駐在武官として勤務した。日露戦争では観戦武官として日本軍に従軍。 16年にはパンチョ・ビヤに対するメキシコ出兵の司令官。 17年アメリカが第1次世界大戦に参戦するとヨーロッパ派遣軍司令官に任命され,戦後 19年にアメリカ陸軍で最初の元帥となった。 21~24年参謀総長をつとめ,引退。アメリカの戦術ミサイル「パーシング」は彼の名にちなんでいる。著書『世界大戦における私の体験』 My Experiences in the World War (1931) 。

パーシング
Pershing

アメリカ陸軍の地対地戦術用弾道ミサイル。 II型はソ連のSS-20ミサイルに対抗するため 1982年 12月からヨーロッパに配備された。射程は SS-20より短いが,終末誘導にレーダ地形照合誘導装置を使い,CEP (半数必中界) 45mという高い命中精度を誇った。中距離核戦力 INF全廃条約により 91年5月末までに全廃。主要目は,射程 1800km,速度マッハ 12,全長 10.5m,直径約 1m,発射重量 7.2t,推進方式固体燃料,弾頭威力5~50kt,CEP45m以下。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パーシング【John Joseph Pershing】

1860‐1948
第1次世界大戦におけるアメリカ派遣軍American Expeditionary Forcesの司令官。士官学校卒業後騎兵隊に入り,日露戦争に際しては観戦武官を務め,1917年少将,ヨーロッパ派遣軍の司令官に任命された。アメリカ軍は彼の主張により,ヨーロッパ連合軍の指揮下に入らず,独立の組織として戦った。彼の頑固さは有名で,ワシントンD.C.の陸軍省,参謀本部とも摩擦を起こしたが,19年,合衆国軍元帥の称号を受け,21年より参謀総長を務め,24年退職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーシングの関連キーワードトリプルゼロ・オプション第一次世界大戦史(年表)アーリントン国立墓地戦略兵器削減交渉NATO二重決定LRINFマーシャル9月13日軍事技術SSM

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パーシングの関連情報